ホワイトノイズで耳鳴りを治療

ホワイトノイズで耳鳴りを治療しよう

耳鳴りが引き起こされて最も辛い症状が「気になる」ということで、仕事をしていても趣味の時間に費やしていたとしても、頭の中で鳴り響いていると集中することができなくなるはずです。

 

そこで、少しでも耳鳴りの症状を和らげるために、1980年代後半から、ホワイトノイズを利用した耳鳴りの治療が行われるようになりました。

 

ホワイトノイズを使った耳鳴りの治療は、「Jastreboff博士」によって考案され、音は少し荒いが耳鳴りが紛れやすいホワイトノイズ音を聞いて治療を行っていきます。

 

人によって異なるので一概には説明できないものの、一般的にホワイトノイズは人間が無害で心地良いと感じる音の一つで、それをサウンドジェネレーターと呼ばれる専用の治療器を用いて改善していくのです。

 

また、インターネットではホワイトノイズの音源をダウンロードできるサイトがあるので、それをmp3プレイヤーなどに録音して聞き続けるという耳鳴りの治療法も適しているかもしれません。

 

どちらにしても、耳鳴りは有害な音なので、その上から無害なホワイトノイズを被せることによって、耳鳴りを改善していくという方法となっております。

 

この治療法も絶対に耳鳴りが治るというわけではないものの、他の方法と平行して行ってくことにより、少しずつ症状を和らげて不協和音を取り除けるはずです。

 

この方法で思うように改善できないのであれば、美聴泉(びちょうせん)と呼ばれるサプリメントを使って解消していくことをおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)は、高齢者の方から特に人気の健康食品で、耳鳴りの改善に必要な栄養素がたっぷりと含まれているので、興味がある方は一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ホワイトノイズで耳鳴りを治療する場合は、この音と耳鳴りによって生じている不快な音を交互に聞き続ける必要があります。

 

自宅でも試せる方法となっておりますが、ホワイトノイズの音量を上げすぎるのではなく、耳鳴りによって生じている音がかすかに聞こえる程度にコントロールしなければなりません。

 

この調節は素人では意外と難しく、ホワイトノイズを大きくし過ぎることによって、逆に症状が悪化するという可能性もゼロではないため、専門医の指示に従って治療を施した方が良いのです。

 

とは言え、上手くいけば耳鳴り自体を不快な音だと脳が認識しなくなり、日常生活に支障が出なくなるという仕組みになっております。

 

また、この音源に基準の音量があるというわけではなく、外部の過敏に感じる音とのバランスを重視しなければならないので、最初は耳を慣らすために小さくしても、少しずつ音量を上げていかなければならないのです。