耳鳴りと音

耳鳴りと音について

耳鳴りによって引き起こされる音は実に様々で、個人によって大きく違いが生じております。

 

頭の中で鳴り響く音によって、原因をある目安付けることができるものの、まだ詳しく解明されていない部分なので、参考にはならないでしょう。

 

耳鳴りの始まりは難聴が進行する際に生じることが多く、その進行が止まることによって徐々に音が小さくなったり、消えたりしていくのです。

 

それに、どのような音の耳鳴りが引き起こされたとしても、日本人の10人に1人はこの症状に悩まされておりますし、そのほとんどが生理的な耳鳴りなので、そこまで深く考える必要はないと言えます。

 

ただし、血圧の異常や耳の病気が引き金となって耳鳴りが生じている場合もあるため、あまりにも音が大きかったり、その頻度が多いという場合は専門医の治療を受けるべきです。

 

耳鳴りによって引き起こされる音の中でも最も多いのが、「キーン」という高音性耳鳴り、「ジー」というセミが鳴いたような音、「ピー」という電子音のような音の3種類が挙げられます。

 

これは、耳鳴りに悩まされている患者さんにアンケートを行い、2万件程度のサンプルを取ったので、かなり信憑性は高いはずです。

 

他にも、「ゴォー」というジェットが通り過ぎるような音や、「ブーン」というように耳の中に何かが詰まったような音、幾つかの音が混ざった雑音性耳鳴りなど、その症状は様々となっております。

 

自然に消えていけばそこまで異常はないものの、繰り返し引き起こされたり、いつまでも頭の中で鳴り響いていると、不快極まりないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用がおすすめです。

 

病気が原因の耳鳴りには大きな効果を発揮しないかもしれませんが、耳のトラブルに効き目のある成分が含まれたサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りによって生じる音によっては、その原因を特定できる場合があります。

 

一概には説明できないのですが、耳鳴りによって生じる音の中でも感じる方が多い「キーン」という高い音は、加齢によって耳の機能が低下したことが大きな原因です。

 

聴力が年齢を重ねることによって下がるのは仕方のない現象ですし、聴力の衰えは絶対に防げるものではありません。

 

また、疲れや睡眠不足によってストレスが溜まり、自律神経失調症やうつ病を発症した方も、この音の耳鳴りに悩まされやすいという特徴があります。

 

同じように耳鳴りの中で感じることの多い「ジー」というセミが鳴くような音は、急に耳が聞こえなくなる突発性難聴によって生じることが多いです。

 

原因不明の突発性難聴は、症状を放置することによって、どんどん治療が困難となるので、早めに耳鼻科へ足を運んだ方が良いでしょう。

 

「耳鳴りの種類」に関するページ