妊娠中の耳鳴り

妊娠中の耳鳴りについて

日本ではあまり認識されていない事実なのですが、妊娠中は血液の流れが悪くなりやすいという特徴があり、その影響で耳鳴りの症状を訴える女性が増えております。

 

内耳への血の巡りが悪いと耳鳴りを感じやすく、妊娠中は胎児とのバランスによって、この部分が不安定になりやすいため、症状が悪化しやすいというわけです。

 

妊娠中に耳鳴りが引き起こされると、ちょっとした音にも過敏に反応してしまう聴覚過敏を併発するケースがあり、お腹の赤ちゃんのことを考えて薬をあまり服用することができないため、治療方法が難しいと言えます。

 

高齢出産や二人目のお子さんを出産されるという女性が、耳鳴りを伴うこのような症状に悩まされやすいようですが、妊娠している女性の約25%が感じているらしいので、一概に説明することはできません。

 

ただでさえ、貧血を引き起こしやすいという女性は、妊娠中の体重増加による腰のコリなど、血行が悪くなる原因がたくさんあるので、耳鳴りが引き起こされやすくなるのです。

 

これは妊娠中の方に限った話ではないものの、女性は毎月引き起こされる生理によって鉄分を消費しやすいという特徴があり、鉄分が体内から不足することで貧血が生じやすくなっております。

 

そのため、レバーや豆類、たまごの卵黄といった食品で鉄分をしっかりと補い、貧血を予防した方が良いでしょう。

 

重度の貧血となると、目の前がクラクラとして倒れてしまうケースもあり、妊娠中の女性にとって非常に危険だということがお分かり頂けるはずです。

 

このサイトでは、手軽に耳鳴りを改善できるサプリの美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、高齢者だけではなく若者からも愛されております。

 

健康食品なので副作用はないものの、妊娠中の女性は胎児への影響を考えて、美聴泉(びちょうせん)を飲む前に専門医に相談してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、個人差があるので一概には言えませんが、妊娠中の耳鳴りは「ゴーッ」や「ボーッ」といった音が聞こえやすくなるようです。

 

これは中耳周辺の血行が悪い時に引き起こされやすいという特徴があり、妊娠中は特にお腹の赤ちゃんが安全に生まれるのかという不安や、赤ちゃんを授かったことでの急激な体質変化により、ストレスを感じやすくなっております。

 

このストレスが耳鳴りの症状をより強めている可能性も十分にあり、妊娠中に症状が悪化しやすい大きな原因なのかもしれません。

 

それに、体重の増加によって運動不足になりやすく、その影響で血の巡りも悪くなるので、ストレスを解消するためにも、ウォーキングといった身体に負担の掛からない運動を定期的に行うべきです。

 

実際に、妊娠中に耳鳴りを感じていたという女性でも、出産して身体のバランスが整えられるようになると、自然と耳鳴りが良くなっていったというケースはあります。

 

何かと体調を崩しやすいので、少しの耳鳴りでも気になってしまいますが、あまりにも症状が酷いという場合は、自分で対処するのではなく、医師の診察を受けるべきです。

 

「耳鳴りの種類」に関するページ