高齢者の耳鳴り

高齢者の耳鳴りについて

高齢者の約3割が悩まされているという耳鳴りは、年齢を重ねることによって少しずつ聞こえが悪くなることが大きな原因で引き起こされます。

 

これは老人性難聴と呼ばれており、病気ではありませんし、耳鳴りが生じるのは不思議な現象ではないのです。

 

耳鳴りの程度や、症状の進行スピードに関しては個人差が生じており、高齢者の耳鳴りに限った話ではありませんが、生理的なものなのか病的なものなのか判断するのは非常に難しくなっております。

 

「キーン」や「ザーザー」という音が稀に引き起こされるのであれば、特に異常はないものの、やはり頻繁に起きているのであれば、高齢者の場合は特に何か悪影響が生じているのではないかと疑うべきです。

 

人間は加齢によって、聴覚だけではなく味覚や視覚を始め、筋肉や皮膚のみずみずしさが衰えるという特徴があり、絶対に防げない症状だと説明できるでしょう。

 

耳鳴りも加齢による影響の可能性があるため、完全に防ぐのは難しいものの、聞こえのトラブルが加速されることにより、コミュニケーションが取りづらくなってしまうので、早めに対処した方が良いのです。

 

日常生活でイライラする機会が増えて更年期障害の症状が悪化したり、眠れなくて疲れを感じるという状態にも繋がります。

 

あまりにも酷い場合は、病気によって耳鳴りが引き起こされているかもしれないので、病院に行った方が良いのですが、自宅で美聴泉(びちょうせん)を使って治療するのも一つの方法です。

 

美聴泉(びちょうせん)は高齢者の方におすすめのサプリメントとなっており、加齢によって引き起こされやすくなる聞こえやめまいといったトラブルを解消できるので、是非使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、高齢者の耳鳴り治療として注目を集めているのが、TRT訓練と呼ばれるもので、この方法は1990年代に欧米で始まりました。

 

従来まで行われてた治療は、耳鳴りの音を小さくしたり、聞こえなくさせるためのものでしたが、TRT訓練は普段から生じている耳鳴りを意識させなくするアプローチで行われます。

 

私たちは生活をしていると様々な音が耳から聞こえてきますし、特に自分にとって不快な音でなければ気にすることはほとんどありません。

 

この現象を利用して、TRT訓練では補聴器のような器具を用いて耳鳴りに別の音を被せ、耳鳴りに意識が傾かないように訓練してくれるのです。

 

治療期間が長くなるというのがデメリットの一つですし、絶対に耳鳴りが治るというわけではないものの、身体に大きな負担が掛かる治療ではないため、高齢者の方に適しております。

 

「自分の耳鳴りは大したことがない」と感じた高齢者の方でも、その中に病気が隠れている可能性は十分にあるので、医師に相談するようにしましょう。

 

「耳鳴りの種類」に関するページ