耳鳴りの種類

耳鳴りの種類について

耳鳴りの仕組みは完全には解明されていないものの、周囲の音とは関係なく頭の中に響く音のことを指し、多くの原因と多くの種類に分けることができます。

 

一つ言えることは、耳鳴りが引き起こされたからといって、必ずしも異常だということではなく、体内で何かしらのバランスを取っている表れとして、そのような音を感じているのです。

 

しかし、耳鳴りの種類によっては、身体に異常が引き起こされている場合があるので、このページではどのような種類があるのか詳しく説明していきます。

生理的な耳鳴り

日常生活の中で約10%〜15%の方が体感しているのが生理的な耳鳴りで、防音室や真夜中で周囲が静かな時に、「シーン」という音が聞こえます。

 

周囲で何か音が鳴っているわけではないので、自分の耳に異常があるのではないかと思うかもしれません。

 

しかし、生理的な耳鳴りは健康な人でも感じる場合があり、あくびと同じように生理現象の一つなので、心配する必要は全くないのです。

 

ただし、耳鳴りが頻発しているのであれば、何かしらの異常が考えられるので、心配ならば病院で検査を行ってもらった方が良いでしょう。

他覚的な耳鳴り

他覚的な耳鳴りは、耳の周りの筋肉の音や血流の音、関節の音が本人はもとより、聴診器を当てることによって第三者にも聞こえるという特徴があります。

 

一概には言えませんが、「ドクンドクン」や「ザーザー」といったように血液が流れる音が多く、高血圧や顎筋肉の腫れが大きな原因です。

 

高齢者の方で高血圧に悩まされている方は多くいらっしゃいますが、血圧を上手く調節できないような状態となり、体内の血液循環がうまくいかなくなることで、他覚的な耳鳴りが引き起こされます。

 

この種類の耳鳴りに悩まされている場合、薬を飲んで血圧を下げても血液の流れまで簡単に変えられないかもしれないので、生活習慣の見直しも必要です。

自覚的な耳鳴り

自覚的な耳鳴りは、本人しか聞こえない耳鳴りのことで、ほとんどの方がこの症状に該当します。

 

「キーン」といった高い金属音のような音や、「ジー」といったセミの鳴き声のような音など、人によって大きな違いが生じているのです。

 

それに、幾つかの音が同時に聞こえることもあり、不快な音だということには変わりないので、日常生活に支障を及ぼすことも少なくありません。

 

一般的に、内耳や聴神経などの異常が大きな原因です。

病的な耳鳴り

耳鳴りの種類の中で、最も気を付けなければならないのが病的な耳鳴りで、特定の音が頭の中でうるさく鳴ったり、片方の耳や両方の耳で鳴ったりと、この種類も個人によって差が生じております。

 

めまいを引き起こすメニエール病による耳鳴りは「ゴロゴロ」という音が鳴り、動脈硬化といった心臓系の病気が引き金となって音の大きさが変わることもあるのです。

 

原因不明の病気である突発性難聴も、耳鳴りが生じる大きな原因で、発生するメカニズムについて詳しく解明されていないものの、病名だけが付けられて今に至っております。

 

どのような病気だとしても、その根本的な原因を排除しなければならず、吐き気や頭痛といった不快な症状を伴うことも少なくないので、速やかに耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

 

 

 

 

以上のように、様々な種類がある耳鳴りですが、日頃の疲れやストレスが原因となって引き起こされている場合があります。

 

病気が原因で引き起こされているのであれば、その病気を治す努力が必要で、ストレスが引き金となっているのならば、日頃からリラックスして解消しなければなりません。

 

このサイトでは、耳のトラブルをサポートしてくれる美聴泉(びちょうせん)をご紹介しているので、このサプリメントも活用して治してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

「耳鳴りの種類」に関するページ