耳鳴りと血流音

耳鳴りと血流音について

耳鳴りが引き起こされるという方の中には、自分の血流音が聞こえるという方がいらっしゃいます。

 

どのような音が聞こえるのかは、個人によって大きく異なっており、一般的には「キーン」といった金属音や「ザー」という音が鳴り、不快だと感じてしまうのです。

 

基本的に、周囲で鳴っている音とは無関係で、頭の中で音が聞こえることもあり、実際にはないような音を聞き取ってしまうのが耳鳴りだと説明できます。

 

「ザーザー」や「ドクンドクン」といった脈拍と一致した血流音は、他覚的な耳鳴りで、血管が血流の音が本人にだけ聞こえるのではなく、聴診器を当てることで第三者にまで聞こえることが多いのです。

 

真夜中で周囲が静かな時に、「シーン」といった耳鳴りが起こるのであれば、それは生理的に生じる耳鳴りで、身体に何の異常もない正常な方でも引き起こされるため、全く心配はありません。

 

しかし、血流音を伴った他覚的な耳鳴りは、高血圧によって耳の周囲の血管が硬くなっていたり、顎筋肉の腫れが原因だと考えられるので、できる限り病院で治療を行うべきです。

 

生理的な耳鳴りであれば、特に専門的な治療を施さなくても良いのですが、加齢によって頻繁に引き起こされるようになるので、気になって仕方がないという方は、美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、サプリメントの一種となっており、耳のトラブルやめまいを改善できるグッズなので、是非使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記で血流音を伴った耳鳴りは他覚的な耳鳴りだと説明致しましたが、もう一つの症状として自覚的な耳鳴りが挙げられます。

 

自覚的な耳鳴りは、その名の通り本人にしか感じられない耳鳴りのことを指し、同時に複数の音源が聞こえるというパターンもあるため、人によっては非常に辛い症状の一つなのです。

 

多くの場合は、内耳や聴神経といった脳に入る前の末梢神経で鳴っており、その鳴り方は様々となっております。

 

もし、「ピーン」や「キーン」といった高音の耳鳴りに悩まされているのであれば、それは内耳の血流が悪くなっていると考えられ、血行を改善しなければ症状を緩和させることはできません。

 

中には、病気によって引き起こされている場合もあるため、一度耳鼻科で診てもらった方が良いのですが、血行を良くすれば症状が軽くなる可能性が高いので、肩や腕など周辺の筋肉をマッサージするべきです。

 

「耳鳴りの症状」に関するページ