耳鳴りと脱水

耳鳴りと脱水について

真夏に汗をかきすぎて脱水症状を引き起こし、倒れて救急車に運ばれた経験を持つ方はいらっしゃるかもしれません。

 

実はこの脱水と耳鳴りには関係性があり、身体がふら付いてボーっとするだけではなく、耳鳴りも引き起こされるようになります。

 

もちろん、脱水症状を起こした状態で全ての方が耳鳴りに悩まされるわけではないものの、脱水によって血圧が下がるため、「キーン」といった耳鳴りとともに、目の前が白くなって立っていられなくなるのです。

 

耳鳴りで悩まされている350人の方に実施した調査では、全身疾患の中で高血圧が見られた方は15%、そして低血圧の症状が見られた方は約4%でした。

 

つまり、血圧が低いという方でも、時間や環境によって耳鳴りが生じることがあり、不快感を感じるはずなので、十分に注意しなければならないというわけです。

 

元々、低血圧で悩まされている方は、脱水症状によってより身体が危険な状態になるかもしれないので、夏場は喉が渇いていないとしても小まめに水分を摂取した方が良いでしょう。

 

脱水によって耳鳴りが引き起こされているのならば、このような対策によって防げますし、重大な病気が隠れているわけではないと説明できます。

 

ただし、低血圧の方も高血圧の方も、身体の不調が生じる可能性が高いため、定期的に血圧を測定するという試みが非常に重要なのです。

 

どんな原因にしろ、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使用すれば、耳鳴りといった不快な症状を和らげることができます。

 

3つの天然成分をサプリメントで取り入れることにより、あなたの健康をサポートしてくれるはずなので、一度美聴泉(びちょうせん)を試してみるべきです。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、太陽光や外気の気温によって体温が上がると、それをコントロールするために汗をかき、水分だけではなく、ナトリウムやカリウムが失われます。

 

そして、体温を調節することができなくなり、脱水症状を引き起こしてしまうので、積極的に水分を摂取することが大事なのです。

 

上記でも説明致しましたが、水分の摂取に勝る脱水症状の予防はなく、ミネラルウォーターや麦茶を小まめに取り入れていれば、耳鳴りも生じることはなくなります。

 

スポーツドリンクで水分補給をするのもおすすめですが、ミネラルウォーターとは違って糖分が多く配合されており、予防のためにガバガバと飲んでいると血糖値の上昇に繋がるので注意しなければなりません。

 

「耳鳴りの症状」に関するページ