耳鳴りとあくび

耳鳴りとあくびについて

あくびをした際に「キーン」とした耳鳴りが引き起こされるという方が多くいらっしゃるようですが、これは身体に自然と力が入ることにより、耳の中の気圧が一時的に上がったからだと説明できます。

 

飛行機やエレベーターで高い場所へと登った際、耳鳴りが酷くなることがありますが、この場合は逆にあくびをすることで耳の中の気圧が変化し、治ることがあるのです。

 

あくびとは、眠たい時に反射的に引き起こされる動作の一つで、深く息を吸う呼吸動作のことを指しております。

 

眠ければ誰でもあくびをすることがありますし、人間の生理現象の一つなので、これが原因で耳鳴りが生じたとしても、何かしらの異常が引き起こされているわけではなく、一時的なものなので心配はありません。

 

人の耳は個性があり、骨格や身体の作りによって音の聞こえ方も異なるため、あくびによって生じた耳鳴りが必要以上に不快だと感じられるかもしれませんが、慢性的な耳鳴りでなければ治療の必要はないのです。

 

もし、不快な音を伴う耳鳴りが日常茶飯事に起こるようになった場合、別の病気が引き金となって生じているかもしれないので、念のため医師の診察を受けておいた方が良いでしょう。

 

あくびによる耳鳴りのように、軽度の症状であれば、専門的な治療を受けなくても、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で改善できます。

 

耳鳴りの症状を放置していると、ふらつきやめまいといったトラブルに繋がることがあり、高齢者の方は骨折のリスクも伴うため、早めに美聴泉(びちょうせん)を飲んでケアしてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、寝起きや安静にしている時にあくびが頻発したり、めまいが生じるような場合は、貧血や低血圧といった症状が考えられます。

 

眠ければあくびが出るというのは仕方のない症状ですが、低血圧や貧血の方は体質が半分なものの、もう半分は病気だと考えられるので、医師の指導を受けて治療をきちんと行うべきです。

 

あくびによって耳鳴りが生じるというのは普通の現象なので、特に気にする必要はないのですが、回転性のめまいが同時に引き起こされた場合、メニエール病と呼ばれる病気の可能性が増すので、病院で症状を診てもらった方が良いでしょう。

 

もちろん、ただの耳鳴りであっても定期的に引き起こされていれば、何かしらの異常が身体の中に潜んでいるかもしれないので、治療を後回しにするのではなく、大したことがない症状でも専門医の意見を聞くべきです。

 

「耳鳴りの症状」に関するページ