耳鳴りと飲酒

耳鳴りと飲酒について

適量のアルコールであれば、心身をリラックスさせる効果がありますし、ストレス解消にも繋がりますが、適量を超えた飲酒によって耳鳴りの症状が悪化するので注意が必要です。

 

耳鳴りは自律神経が乱れている時に引き起こされるという特徴があり、そのような状態で飲酒することにより、軽いアルコール症状となって、耳鳴りの回復を遅らせる結果となります。

 

自律神経が乱れているということは、身体全体の機能が低下している状態で、飲酒によって摂取したアルコールが浄化できず、体内に残されたままとなるので、日中にボーっとすることが多くなるはずです。

 

このような状態では耳鳴りの症状が良くなるはずがありませんし、実際に飲酒によって聴覚系の抑制が解かれ、耳鳴りを大きく感じやすくなるというデータが出ているため、なるべく摂取しない方が良いかもしれません。

 

耳鳴りが激しくて眠れないという場合は、適度の飲酒は適しているものの、逆に音が大きくなって眠れなくなる可能性も否定できないので、一度試してみて症状が悪化したら止めた方が良いです。

 

肝臓でのアルコール分解能力には個人差が生じているので、どの程度の飲酒であれば問題ないのか一概に説明はできないのですが、飲み過ぎだけには注意した方が良いでしょう。

 

仮にお酒を飲んで眠れたとしても、耳鳴り自体を和らげられるわけではないので、症状を悪化させないためにも、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)が適しております。

 

美聴泉(びちょうせん)の中には、耳鳴りの改善に適した成分がたっぷりと含まれており、錠剤で気軽に取り入れることができるサプリなので、是非試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、飲酒は百害あって一利なしのタバコとは異なり、悪い部分だけではありません。

 

アルコールを摂取することにより、血栓を作る血小板の働きが落ち、脳梗塞のリスクを減らせたり、善玉コレステロールを増やしたりといった効果が期待できます。

 

それに、接待の場ではお酒は必要不可欠な飲み物であり、コミュニケーションの空間を作れるというメリットがあるのです。

 

確かに、耳鳴りの症状を直接和らげるような作用は持ち合わせておりませんが、適度な飲酒であればストレスを解消するという意味でも適しております。

 

お仕事やプライベートでストレスを溜め込んでいる方は多く、毎日の生活で上手く発散できていないと自律神経の乱れに繋がり、耳鳴りの症状は悪化するばかりなので注意しましょう。

 

「耳鳴りと食事」に関するページ