耳鳴りと牛乳

耳鳴りと牛乳について

耳鳴りが引き起こされる原因は一つではなく、複数の原因が重なっていることがあります。

 

そのため、様々な対策が必要となりますが、その中でも毎日の食事で栄養素を取り入れることが大事です。

 

実は、耳鳴りは脳神経が過敏になることで引き起こされることがあるので、イライラを防ぐために牛乳を飲んでカルシウムを摂取するのが適しております。

 

カルシウムが足りていない方は、些細なことでもイライラしやすくなり、ストレスを溜めやすく、耳鳴りの症状を悪化させやすいので、牛乳や小魚を積極的に摂取してカルシウムを取り入れた方が良いというわけです。

 

それに、カルシウム不足が長期的に続くと、骨を溶かして血液の中に移動したカルシウムが血管に蓄積し、カルシウムパラドックスという現象を引き起こします。

 

そして、どんどん成分が蓄積されて、高血圧や動脈硬化といった病気の原因となるので、1日に必要な量をきちんと摂取しなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

 

高血圧や動脈硬化の症状の一つとして、人によっては耳鳴りが酷くなる傾向があるため、牛乳などでカルシウムを取り入れるのは一石二鳥だと言えるのです。

 

厚生労働省が定めているカルシウムの1日必要量は700mgで、これは体内で1日に消費される量と一緒なので、最低でも700mgは摂取しなければなりません。

 

コンビニやスーパーで販売されているような一般的な牛乳であれば約3杯分で、煮干であれば16尾なので、そこまで摂取が難しい成分ではないのです。

 

とは言え、カルシウムだけを取り入れていれば、耳鳴りが治るというわけではないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)の中には、耳鳴りの改善に適したナギイカダエキスやビンカマイナーが配合されているので、食後のサプリメントとして利用してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、カルシウムは体内で不足することにより、骨を溶かして不足分をカバーするという特徴があり、徐々に骨がスカスカになっていきます。

 

しかも、カルシウムが不足して直ぐに症状が表れるわけではなく、数十年後に骨が脆くなって骨折しやすくなる骨粗鬆症が生じるので、20代〜30代のうちに不足しないように牛乳を飲まなければならないのです。

 

現代人の食生活ではカルシウムが不足しやすいと言われており、約6割の方は不足状態だというデータがあるので、十分に注意しなければなりません。

 

煮干やヒジキを毎日の食生活で取り入れるのは、外食が多い方にとって少々難しいかもしれませんが、牛乳であればコンビニエンスストアで気軽に購入できるので、補給は簡単です。

 

耳鳴りを改善するだけではなく、健康的な骨を維持するためにも、カルシウム不足には十分に注意しましょう。

 

「耳鳴りと食事」に関するページ