耳鳴りとカフェイン

耳鳴りとカフェインについて

コーヒーや紅茶、ウーロン茶といった飲み物にはカフェインが多く配合されており、神経を興奮させる作用があるので、耳鳴りに良くない成分だと言われております。

 

カフェインはコーヒーや緑茶だけではなく、滋養強壮を目的としたスタミナドリンクや炭酸飲料にも配合されており、普段から多く摂取し過ぎていると、耳鳴りの原因となる可能性があるのです。

 

既に、耳鳴りやめまいといった症状が表れている方が取り入れると、更に症状が酷くなる傾向があるので、緑茶ではなく麦茶や杜仲茶といった健康茶を飲むのが良いかもしれません。

 

もちろん、飲み物以外にも様々な食品にカフェインは配合されており、絶対に摂取しないような生活はほぼ不可能ですが、1日で100mg〜200mgであれば全く問題はなく、300mg以下がちょうど良いのです。

 

カフェイン中毒を引き起こすと考えられている1回量は500mgで、これは相当の量を飲まなければ達しませんし、普通にコーヒーや紅茶を飲む分であれば耳鳴りに悪影響はないと説明できます。

 

専門家の中には、耳鳴りの緩和のために、カフェインを制限する治療法は全く効果がないという論文を発表している方もいらっしゃるのです。

 

しかし、カフェインを制限することに意味がなくても、耳鳴りに良い影響がないというのは事実なので、あまり摂取しないように心掛けるのは良いことだと言えるでしょう。

 

もし、耳鳴りを少しでも治したいとお考えの方は、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)が非常に適しております。

 

人体に有害な成分は全て排除されておりますし、身体の内側から体質を改善し、耳鳴りやめまいのトラブルを引き起こしにくくしてくれるアイテムなので、是非通販サイトから購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記ではカフェインが耳鳴りに良くないということについて詳しく説明致しましたが、全く効果がないというわけではありません。

 

少量のカフェインであれば、血管を収縮させる働きが期待できるため、片頭痛の症状を和らげることができます。

 

それに、脳を覚醒させて眠気を冷ましてくれるという効果も期待できるので、倦怠感の解消に最適な成分なのです。

 

睡眠前に多くのカフェインを摂取すると眠れなくなるので危険ですが、集中力のアップという効果があるので、仕事を捗らせたいという時に1杯のコーヒーを飲むのが適しております。

 

更に、アルツハイマー病の発症リスクを低下させたり、パーキンソン病の予防に繋がるので、嫌われるべき成分ではないのです。

 

とは言え、これはカフェインに限った話ではなく、どんなに身体へ良い影響を与えてくれる栄養素でも、過剰に取り入れれば良いというわけではないので、十分に注意した方が良いでしょう。

 

「耳鳴りと食事」に関するページ