音楽で耳鳴りを治療

音楽で耳鳴りを治療しよう

音楽を利用して耳鳴りを治療できるということをご存知ですか。

 

音楽療法による耳鳴りの治療は、実際にハイデルベルク大学耳鼻咽喉科といったクリニックの協力の下で行われており、聴覚を鍛えていきます。

 

現代人の多くは視覚に頼ることが非常に多く、聴覚を使わなくなっている傾向にあるので、リラックスできる雰囲気で目を閉じながらゆっくりと音楽を聴いてみましょう。

 

もちろん、視覚に頼りすぎているからといって、耳鳴りになりやすくなるわけではないのですが、視覚ばかりを刺激していると、人の言葉を聞く聴覚中枢が退化するため、様々な悪影響が引き起こされてしまうのです。

 

そのため、耳鳴りの治療や予防という意味を込めて、波の音や小鳥のさえずりといった自然の音楽を聴いたり、穏やかな音楽を流し続けることによって、少しずつ症状が改善されていきます。

 

ただし、現在では携帯型の小さな音楽プレーヤーといった普及により、外出中でもイヤホンやヘッドホンを付けて音楽を聞くことが身近になっているはずですが、あまりにも大音量で流すのは非常に危険です。

 

職業柄、常に音楽が大音量で流れる空間で仕事をしているという方はいらっしゃるものの、そのような環境に晒され続けていると、耳鳴りが生じる大きな原因となってしまいます。

 

聴覚を使わないだけではなく、あまりにも刺激しすぎるのは悪影響なので、耳鳴りを予防したいのであれば、大音量での音楽鑑賞は避けた方が良いかもしれません。

 

このような対策を行っていたとしても、一度耳鳴りが引き起こされると慢性的に悩まされる可能性が高いので、美聴泉(びちょうせん)を使って治療を行うべきです。

 

3つの天然成分によって聞こえのトラブルを改善し、日常生活に支障が出ないような体質へと導いてくれるサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、「キーン」や「ジー」といった耳鳴りが断続的に繰り返されていると、静かな場所で落ち着いた方が良いと考えるかもしれません。

 

確かに、大音量の音楽が流れている空間は耳にとって刺激的ですし、できる限り避けた方が良いのですが、実は静か過ぎる空間も良くないのです。

 

静かな場所にいると、逆に耳鳴りの音が大きくなって不快感が増すかもしれないので、周りの音によって鳴り方が変化する人間の耳の仕組みを利用し、音楽を掛けて耳鳴りの治療を行う方法は適しております。

 

利用する音の種類や大きさは、個人によって違いが生じているので、そのような音響療法を利用すれば良いのか分からないという方は、一度医師に相談してみるべきです。

 

ただ単に耳鳴りが引き起こされているだけではなく、何か別の病気が隠れているかもしれないので、症状の悪化を防ぐためにも、専門医の診断を受けてみてください。