耳鳴りとマスカー法

耳鳴りとマスカー法について

耳鳴りの治療の一つとして、マスカー法と呼ばれる方法が取り入れられており、これは別の雑音を聞くことで不快な耳鳴りマスキングする治療で、ヒポクラテスの古い時代からありました。

 

マスカーと呼ばれる小さな機器を使用し、そこから発せられるノイズを聞くことにより、耳鳴り音が気にならなくなるという現象を利用しております。

 

もちろん、直ぐに耳鳴りが治るという治療法ではないものの、他の雑音で耳鳴りで発せられている音を隠すことにより、その後は本人も気にならないほど小さくなっているのです。

 

病院で実施されているマスカー法は、最初にピッチマッチテストでどの程度の高さの耳鳴りが生じているのか調べ、その後にラウドネスバランステストで耳鳴りの音量を調べていきます。

 

次に、マスキング検査によって周波数の異なる音を次々と流し、どの音で自分の耳鳴りが消えるのか確かめ、その音をマスカー法で利用していくというわけです。

 

絶対に耳鳴りを改善できるというわけではありませんが、マスカー法によって約6割の患者さんに効果があると言われており、一定時間の間、耳鳴りを消せるので素晴らしい方法だと言えるのではないでしょうか。

 

今ではこの機械は販売されていたいため、自宅で利用したいという場合は、医療機関を受診すれば機器の貸し出しをしてくれるはずです。

 

ただし、個人によって異なりますが、即効性が期待できるというメリットがあるものの、持続効果がないというデメリットがあるので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)はサプリメントとなっており、即効性は期待できないものの、長期的に続けることで耳鳴りが気にならなくなるはずなので、是非使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴り音を一時的に排除してくれるマスカー法は、耳に補聴器のようなサウンドジェネレータを装着して人工音を流す音響療法と、音響療法に加え、耳鳴りに対して理解を深めるカウンセリングを行うTRT療法に分けられます。

 

どちらの方法でもそれなりに大きな効果が期待できますし、自分の中で鳴っている不快な音が、別の音源によって覆い隠されてしまうのです。

 

個人によって得られる効果は異なり、数分間しかもたないということも十分にあり得ますが、耳鳴りによって眠れないという症状を訴える方には、たった数分間でも大事かもしれません。

 

このマスキング方法は、必ずしも病院で検査と治療を受けなくても、自宅にあるラジオのノイズやテレビのホワイトノイズで代用できます。

 

あまりにも音が小さすぎてはマスキングの効果が出ませんし、逆に大きすぎると耳を傷める原因となるので、ボリュームのコントロールが一番難しいポイントなのです。

 

また、このようなマスカー法で全く症状が改善されない場合、ストレスや疲れが溜まり、その影響で耳鳴りの症状が悪化しているかもしれないので、日頃の生活でリフレッシュする習慣を身に付けてください。

 

「耳鳴りの治し方」に関するページ