耳鳴りとタバコ

耳鳴りとタバコについて

タバコの値上がりによって、現在では以前と比べて遥かに喫煙者は減りましたが、それでもタバコがやめられないという方は多くいらっしゃいます。

 

タバコの中には私たちが想像しないような化学物質が含まれており、その中でも循環器系に作用するニコチンが挙げられ、この物質が耳鳴りの大きな原因となっているのです。

 

ニコチンを体内に取り入れることにより血管が収縮し、内耳といった細い血管は特に影響を受けて血液の流れが悪くなるため、耳鳴りが生じやすくなります。

 

未だに耳鳴りが引き起こされる原因は解明されていないものの、耳周辺の血行が悪いというのが最有力候補なので、タバコを吸いすぎることによって症状が悪化しやすいというわけです。

 

それに、ニコチンの摂取によって交感神経からカテコールアミンと呼ばれる物質が放出され、血液の中の血小板が固まりやすくなり、その影響で酸素が欠乏した状態になります。

 

同じ嗜好品でもアルコールは身体に良い影響を引き起こすことがありますが、タバコは「百害あって一利なし」だということがお分かり頂けるはずです。

 

タバコを吸うことでストレスを解消できると感じている方はいらっしゃるものの、吸い終わってから体内のニコチン濃度が下がり、緩やかに禁断症状を感じ始めるので、実は全く意味がありません。

 

ただ単に、タバコによってストレスを一時的に抑えているに過ぎないので、耳鳴りを抑えたいのであれば禁煙を始めるのが一つの方法だと説明できます。

 

このサイトでは、耳鳴りの症状を少しずつ和らげる方法として、美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、非常に効果的なサプリメントです。

 

しかし、美聴泉(びちょうせん)を飲んでいたとしても、タバコを吸っていては思うような変化が表れないかもしれないので、なるべく禁煙を始めてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、喫煙によって耳鳴りの症状が酷くなるだけではなく、中には耳の聞こえが悪くなったと訴えている方がいらっしゃいます。

 

個人の体質によって異なる部分なので何とも言えませんが、タバコが身体に悪影響を引き起こすのは紛れもない事実です。

 

タバコを我慢して禁煙すると、ストレスが溜まるという方でも、辛いのは最初だけですし、今後引き起こされる悪影響を考えるのであれば、禁煙を始めた方が良いということは間違いありません。

 

禁煙を始めるとご飯が美味しく感じられるということで食が進み、ダイエットの弊害となることで悩んでいる女性はいらっしゃいますが、食事量をコントロールすれば少しずつ元の状態に戻ります。

 

もちろん、絶対にタバコを止めるべきと強制はできないものの、耳鳴りの原因となっている可能性は十分にあるのです。

 

「耳鳴りのメカニズム」に関するページ