耳鳴りと老化

耳鳴りと老化について

若年層の方でも耳鳴りを感じることはあるものの、加齢によって発生することが多いため、耳鳴りは老化現象の一つだと説明できます。

 

実際に、高齢者の約30%以上の方は、日常的に耳鳴りを感じているというデータがあり、耳鳴りと老化が大きく関係していることがお分かり頂けるはずです。

 

どんな人でも引き起こされるのが老化現象で、皮膚が乾燥してシミやシワができるといった各所の機能が衰えたり、病気への抵抗力が低下したりといった弊害をもたらします。

 

これは耳にも同じことが言え、老化によって音の受容器官である内耳の蝸牛が壊れ、内部にある有毛細胞が減少したり、ラセン神経節が縮み、その影響で聴力が衰えて耳鳴りや難聴が生じるというわけです。

 

耳鳴りは、長年の騒音障害や生活習慣が原因で発症することが多いものの、その多くは加齢による内耳の機能低下に起因していると言えるでしょう。

 

老化によって聴力に衰えが生じるのは自然現象なのですが、聴力は徐々に低下していくのに対し、耳鳴りはとある時期を境に急に発症することが多いようです。

 

どのようなメカニズムで発症するにしても、「キーン」という高音域の耳鳴りは不快ですし、耳の器官だけではなく体中に蔓延っている血管の老化が関係していることもあるので、病気の可能性も考慮して医療機関で診察を受けることをおすすめします。

 

また、そこまで症状が重くないのであれば、自宅で美聴泉(びちょうせん)を使い、耳鳴りの症状を和らげるというのも選択肢の一つかもしれません。

 

実際に、このサプリメントは高齢者の方に愛用されており、老化によって多くなっためまいの症状も和らげられるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、漢方医学では耳と腎臓の働きが関係していると考えられており、精の源の腎臓は経脈を通じて耳と直接繋がっていることが理由だと説明できます。

 

つまり、腎臓の老化によって耳の機能の老化に繋がり、耳鳴りといった不快な現象が引き起こされやすくなるというわけです。

 

それに、耳鳴りは血液の流れが悪くなることでも引き起こされやすくなるという特徴があり、血管が弱くなったり詰まったりする血管障害が、耳鳴りの引き金となっているケースはあります。

 

血管障害は基本的に老化によって生じるため、血管を丈夫に保ったり骨を強くしたりする作用のあるケイ素を、食生活の中で取り入れるのが良いかもしれません。

 

もちろん、病院を受診して専門医の指示に従うという処置も大事ですが、毎日の食生活の中でケイ素が多く含まれた野菜類や魚介類、海藻類を摂取するように心掛けてください。

 

「耳鳴りのメカニズム」に関するページ