耳鳴りと筋肉の痙攣

耳鳴りと筋肉の痙攣について

筋肉の痙攣によって耳鳴りが生じることがあり、軟口蓋や耳管、内耳といった筋肉が緊張することで引き起こされます。

 

筋肉の痙攣による耳鳴りは、「トコトコ」「ポコポコ」という音が多く、その速度は脈拍よりも速いという特徴があるのです。

 

症状は人によって異なるものの、急に引き起こされることが多く、数秒から数分続き、おさまったと思ったらまた再発するという繰り返しなので、日常生活に支障を来たす場合があります。

 

病院で検査をしてもはっきりとした原因が解明されないことが多く、自分で意識しないように心掛けたとしても、脳の中ではその音に対して過敏になっているので、意識を向けないというのは非常に難しいでしょう。

 

筋肉の痙攣が引き起こされる原因としては、リンパの流れが悪かったり、心臓の機能の低下による循環不全が考えられ、筋肉細胞へ運ばれる酸素が不足した状態だと説明できます。

 

循環不全は体温の低下や、体液のアンバランスが原因だと考えられており、冷え性で悩まされている女性に引き起こされやすいので、身体を冷やさないような工夫が必要です。

 

多くの場合、いつまでも筋肉の痙攣が続くわけではないので、症状がおさまるとともに耳鳴りも改善されるはずですが、繰り返し引き起こされているのであれば、身体に何かしらの疾患を抱えている可能性があります。

 

そのため、不安な方は一度病院に行って症状をチェックしてもらい、どのような対処をすれば良いのか伺ってみるべきです。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りの症状を抑えられるものの、筋肉の痙攣まで治すことはできないので、専門医の意見を聞いてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、筋肉の痙攣は激しいトレーニングによって生じることが多く、運動不足の方がいきなり身体を動かしすぎると引き起こされるという特徴があります。

 

確かに、運動をして身体を動かそうとする試みは大事ですが、何も考えずにスポーツを行えば良いというわけではありません。

 

特に、長時間に渡って走るような運動を続けていると赤血球が破壊され、鉄分不足によって貧血になりやすいので、同時に耳鳴りの症状も悪化してしまうのです。

 

そこで、運動不足の方が健康のために身体を動かそうと試みるのであれば、最初はウォーキングや軽いジョギングといった有酸素運動を行ってみましょう。

 

1日だけ行えば良いというわけではなく、長期的に続けていくことも非常に大事です。

 

「耳鳴りのメカニズム」に関するページ