耳鳴りと腎臓

耳鳴りと腎臓について

漢方医学やツボについて記載されている本の中では、腎臓の働きが耳と深く関係していると記載されており、老化によって腎臓の機能が弱まっていくと、その影響で耳鳴りが生じると言われているのです。

 

これがどこまで真実なのか分かりませんが、耳鳴りが生じる原因ははっきりと解明されておりませんし、腎臓は経脈によって耳と直接繋がっているため、この考えはあながち間違っていないと説明できます。

 

軽度の耳鳴りであれば、蒸しタオルで耳周辺を温めたり、頭部周辺の血行を良くすることで症状を和らげることができるものの、同時に腎臓の働きを低下させないようにしなければなりません。

 

あまり気にしていない方は多くいらっしゃいますが、腎臓は老廃物をろ過して体外に尿や便として排出させるという役割を担っており、この部分が機能低下を引き起こしていると、体内で不要なものが徐々に蓄積していきます。

 

この影響により、疲労感で済めばまだ良い方なのですが、慢性疲労症候群や線維筋痛症といった病気にも繋がるため、十分に注意しなければならないということがお分かり頂けるはずです。

 

慢性的な耳鳴りに悩まされているのであれば、もしかしたら腎臓の働きが原因かもしれないので、身体を冷やさないような対策を行うとともに、一度病院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

また、このサイトで詳しくご説明している美聴泉(びちょうせん)も、耳鳴りといったトラブルの改善として非常に適しております。

 

腎臓の機能まで回復させるような働きは持っていないものの、自分に合った粒数の美聴泉(びちょうせん)を続けていけば、少しずつ改善されていくはずなので、是非試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、老化によって腎臓の機能は低下しやすいため、ある程度は仕方がないものの、薬剤に頼りすぎているという方は注意が必要です。

 

そもそも、薬剤は石油製品を含めて身体にとって有害な物質であり、それが体内に入り込むことによって、腎臓がパンクしやすくなっております。

 

これに、老化現象が加わることで、耳鳴りが引き起こされているという可能性も十分にあるため、良好な状態で保てるような対処が大事です。

 

腎臓機能を高めるには、「大食いやドカ食いを止める」「油分や糖分を多く含むものをなるべく避ける」「野菜や果物を積極的に食べる」というように、普段の食生活を大きく関係しております。

 

腎臓の機能が回復すれば、耳鳴りも自然とおさまるかもしれないので、是非自宅で試してみましょう。

 

「耳鳴りのメカニズム」に関するページ