耳鳴りと不眠

耳鳴りと不眠について

耳鳴りが日常的に引き起こされたということで眠れなくなるという方や、不眠が続いており、その影響で耳鳴りが酷くなったという方もいらっしゃいます。

 

これは人によって症状が異なるので一概には説明できませんが、どちらにしても耳鳴りと不眠という互いの存在が悪循環に拍車をかけているということは間違いないです。

 

確かに、耳鳴りが鳴り止まないというのは不快極まりなく、寝る前に引き起こされることで不眠症となり、更にイライラも増幅してうつ病になったという方もいらっしゃいます。

 

日本で耳鳴りに悩まされている方は600万人以上だと言われており、その全ての方が不眠を引き起こす可能性を秘めているわけですから、放置してはいけないということがお分かり頂けるでしょう。

 

人間は、「早く寝なければ」と感じれば感じるほど、目が冴えて寝付けなくなるという特徴があり、不眠の症状が悪化していくと考えられております。

 

それに、本能的に「寝なければ不眠は治らない」という固定概念があり、神経を興奮させる材料になっているので、余計に不眠が悪化するというわけです。

 

何が原因で耳鳴りが引き起こされているのか人によって異なりますが、不眠が続いたストレスによって自律神経が乱れることは十分にあり得るため、早急に対処しなければなりません。

 

中には、睡眠薬を飲むことで眠りに付きやすくなり、同時に耳鳴りが改善されたという方がいらっしゃいますが、必ずしも薬に頼れば良いというわけではないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)を使って体質を改善すれば、聞こえのトラブルは徐々に治っていくはずなので、一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記でも説明致しましたが、不眠といった睡眠障害と耳鳴りには、非常に大きな関係性があります。

 

睡眠は体調を保って快適に過ごすために欠かせない役割を持っており、睡眠障害によって脳内の循環が悪くなり、聴覚系の抑制機能の低下に繋がるため、耳鳴りが酷くなるというケースが多いのです。

 

耳鳴りそのものの大きさに変化がないとしても、聴覚系の障害によって普段よりも大きな音が聞こえるという可能性は十分にあるでしょう。

 

耳鳴りが発生するメカニズムは実に複雑で、不眠だけではなく自律神経失調症やうつ病といった精神的な病気が大きく関係している場合もあります。

 

一時的な耳鳴りでしたら治療の必要はないものの、不眠は自然と治らないことが多いので、専門医に自分の症状を診てもらって、どのような対処をすれば良いのか伺うのがベストです。

 

「耳鳴りのメカニズム」に関するページ