耳鳴りと便秘

耳鳴りと便秘について

耳鳴りと便秘は全く関係性がないように思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

もちろん、便秘になったからといって全ての方が耳鳴りで悩まされるというわけではないものの、過度のストレスなどによって自律神経が乱れると、便秘や耳鳴り、そしてめまいや倦怠感といった症状が表れます。

 

自律神経は、人間の呼吸や体温調整など、様々な身体の働きをコントロールしている重要な存在で、自分の意思とは無関係に働いてくれているのです。

 

自律神経と一口に言っても、活動している最中に働く交感神経と、寝ている時などリラックスしている時に優位になる副交感神経の2種類があり、それぞれがしっかりとバランスをとっております。

 

自律神経失調症と呼ばれる病気は、このバランスが崩れた状態となり、便秘や耳鳴りだけではなく、冷え性や肩こりといったように、全身におかしな症状が表れやすくなるのです。

 

もちろん、老化による聴覚組織の異常によって耳鳴りが発生しているという方もいらっしゃいますが、精神的なストレスや疲れで自律神経が乱れ、そのような状態を放置していると自律神経失調症を引き起こしやすいので注意した方が良いでしょう。

 

耳鳴りだけの症状であれば、このサイトで詳しくご説明している美聴泉(びちょうせん)で、症状の緩和が行えます。

 

しかし、便秘までは治せないので、美聴泉(びちょうせん)を摂取するとともに、腸内環境が悪くならないような対処をするようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、自律神経の乱れが便秘の原因となっているだけではなく、既に便秘で悩まされていることの多い方は、その症状によって自律神経が乱れる可能性があります。

 

便秘が引き起こされると、腸内で悪玉菌が増えて腐敗物質が作り出され、それが正常に体外に排出されずに体内に残ってしまうため、自律神経の働きを乱す大きな原因となってしまうのです。

 

そして、自律神経の乱れによって、耳鳴りやめまいの症状が加速されるので、直ぐにでも便秘を改善できるような対策を練らなければなりません。

 

便秘の原因は一つではなく、複数の原因が重なっていることも十分にあり得るため、改善は決して簡単ではないものの、腸内環境を良くしてくれる食物繊維が配合されたイモ類や豆類の摂取が有効です。

 

また、ストレッチや体操を積極的に行い、運動不足を解消して外部から腸を刺激し、ぜん動運動を活発にするという対処も適しております。

 

便秘が引き起こされたからといって、薬に頼る生活を長期的に行っていると、薬を頼らなければ排便できない状態になるかもしれないので、生活習慣の乱れを改善できるように努力していきましょう。

 

「耳鳴りのメカニズム」に関するページ