耳鳴りとストミン

耳鳴りとストミンについて

耳鳴りの治療薬として、ストミンAと呼ばれる医薬品が使われており、病院を受診してこの薬が処方されることがあります。

 

ストミンAは数少ない耳鳴り専用の薬となっており、ニコチン酸アミド(Nicotinamide)やパパベリン塩酸塩(Papaverine hydrochloride)が主成分で、内耳の血液の流れを促し、血液の循環を改善してくれるのです。

 

耳鳴りの原因は人によって様々で、全ての患者さんに効き目があるというわけではないものの、血行不良で引き起こされているという方に、ストミンAは適しております。

 

ビタミンの一種であるニコチン酸アミドは危険のない成分で、酸化還元反応に大きく関わっており、パパベリン塩酸塩には内耳の血行を改善するという効能が期待できるのです。

 

それに、騒音の刺激による内耳電解質変動に対しての予防にも優れているので、耳鳴りを治す効果を持っているということがお分かり頂けるでしょう。

 

特に大きな副作用はありませんし、ステロイド注射と比べるとリスクは少ないものの、めまいが生じるという方はいらっしゃいますし、眼圧が上昇する可能性があるため、緑内障の方は絶対にストミンAを服用してはいけないのです。

 

緑内障を発症していない方でも、この薬を服用する場合は飲み合わせに注意が必要で、医師や薬剤師に自分の状況を事前に説明しておかなければなりません。

 

もし、医薬品の服用による副作用が怖いのであれば、耳鳴りを改善できる美聴泉(びちょうせん)が適しております。

 

インターネットの通販で気軽に手に入れることができますし、90粒入りの1箱で11,340円とお求めやすくなっているので、是非使用してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、心臓病を患っている方や、妊娠中・授乳中の方はストミンAを服用してはいけません。

 

医師の診察を受け、処方しても良いという許可を得れば大きな問題はないものの、自分の判断で勝手に服用することで、耳鳴りを治すどころか、もっと大きな異常が生じることがあります。

 

それに、かゆみや発疹、アレルギー症状がストミンAによって引き起こされたという場合でも、直ぐに相談べきです。

 

もちろん、この医薬品に限った話ではなく、処方されるものには何かしらのリスクがつき物ですし、引き起こされる症状を挙げるとキリがないので、あらかじめ覚悟しておきましょう。

 

薬を使わずに、日常生活の改善で耳鳴りが気にならなくなるのであれば、その方法が一番です。

 

「耳鳴りを薬で対策しよう」に関するページ