耳鳴りとステロイド

耳鳴りとステロイドについて

「耳鳴りがうるさくて快適な睡眠が得られない」「日中も耳鳴りが酷くて憂鬱で仕方ない」という方は多く、病院ではステロイドを注射する治療が行われることがあります。

 

とある大学の先生は考案したステロイド注射は、鼓室注入法とも呼ばれており、鼓膜に刺して直接中耳内に入れることで、耳鳴りの作用が軽減されるのです。

 

クリニックによって少々異なっておりますが、外来通院によってステロイド注射を行うことができ、2週間に1回の注射を合計で4回行って耳鳴りの症状を少しずつ改善していきます。

 

ステロイドホルモン剤は強力な消炎作用を持ち合わせており、耳鳴りを改善する効果が高いのですが、一方で患者さんが大きなリスクを背負わなければならないということで、無駄に治療に踏み込まない先生もいらっしゃるのです。

 

ニキビの治療などでステロイド剤が用いられることもあり、意外と人々の間に浸透しているものの、様々な副作用が生じるということを頭に入れておかなければなりません。

 

耳鳴りの症状を改善し、身体の健康を取り戻すためにステロイド治療を行っているのにも関わらず、身体に大きな負担を背負わせて聴力が戻らなくなったり、他の機能にも障害が生じてしまっては全く意味がないのです。

 

局所的な処置なので特に大きな副作用が引き起こされることはないと説明している医師はいらっしゃるものの、ある程度のリスクが生じることは間違いないので、安全に治したいのであれば美聴泉(びちょうせん)が適しております。

 

美聴泉(びちょうせん)はサプリメントの一種で、皮膚を傷つけるともなければ、副作用も存在しないので、耳鳴りの症状を和らげるために一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ステロイド注射で耳鳴りが治る確率がそこそこあるのならば、病院で施術を受ける価値はあります。

 

しかし、残念ながらこの治療法で完全に耳鳴りを消失させることはできませんし、何かしらの障害が残ることもあるので、絶対に受けた方が良いというわけではなく、このような治療法もあるということだけ、頭に入れておくべきです。

 

それに、全ての耳鳴りの症状で悩んでいる方にステロイド注射が有効というわけではなく、この治療法は炎症を鎮めたり過剰に反応した免疫を抑制するために行われます。

 

つまり、ステロイド注射を受けて改善されなかったとしても、ストレスや疲れが原因の耳鳴りであれば、他の方法で改善することは十分にできるでしょう。

 

「耳鳴りを薬で対策しよう」に関するページ