耳鳴りと抗不安薬

耳鳴りと抗不安薬について

抗不安薬とは、不安や緊張といった症状を緩和させる目的として使用され、うつ病といった神経症の改善が目的です。

 

耳鳴りの治療においても、抗不安薬の投薬が行われる場合があり、耳鳴りの症状を根本的に改善できるわけではないものの、過度のストレスによって症状が悪化している方に適しております。

 

ストレスは耳鳴りの大きな天敵で、自律神経が乱れることによって症状が悪化する可能性があり、そのような症状を軽減させるために抗不安薬が処方されるのです。

 

一般的に、抗不安薬や精神安定剤とも呼ばれており、耳鳴りへの意識や感度を低下させることにより、自律神経を安定させて症状が悪化するのを防いでくれます。

 

病院を受診すると個人の症状に合わせて、やや強めの作用があるメイラックスや、不安や緊張を解すセルシン、パニック障害によるめまいの治療にも用いられるソラナックスが処方されるのです。

 

医師の指示に従ってこれらの抗不安薬を服用するのは、一つの方法ですが、眠気や頭痛といった副作用が引き起こされる可能性が高いので、用法と用量をしっかりと守って服用していかなければなりません。

 

他の薬と比べると抗不安薬は副作用が少ないと言われているものの、それでも医薬品ということには変わりないので、自分の症状をきちんとチェックして、異常がないかどうか確かめなければならないのです。

 

もし、薬の副作用が心配ならば、抗不安薬ではなく、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用がおすすめとなっております。

 

医薬品のような副作用はないですし、高齢者の方でも安心して耳鳴りを改善できるので、美聴泉(びちょうせん)を毎日の生活に取り入れてみましょう。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、うつ状態の時に、耳鳴りやめまいといった症状が表れやすくなるため、このような症状を和らげるために抗不安薬を服用していきます。

 

「気分が落ち込む」「食欲が湧かない」「何事にもやる気が起きない」といった感情は誰でも引き起こされる可能性があるものの、その症状が悪化することによってうつ病へと進行していくのです。

 

実際にストレス社会と言われている現在、日本人の5人に1人はうつといった心の病に悩まされており、その影響で耳鳴りに悩む方も急増しているのかもしれません。

 

もし、うつ病を発症し、この病気が原因で耳鳴りが生じているのならば、耳鳴りを治すという治療よりも、うつ病を改善できるように試みる必要があります。

 

「耳鳴りを薬で対策しよう」に関するページ