漢方薬で耳鳴りを治療

漢方薬で耳鳴りを治療しよう

医学が進歩した現在でも、耳鳴りが発生するメカニズムについてははっきりと解明されておらず、病院で検査を行っても異常が見つからない場合があります。

 

とは言え、実際は周りで音が鳴っていないのにも関わらず、「キーン」と何かが鳴っているような状態は不快極まりないので、漢方薬での治療がおすすめです。

 

個人の体質的な問題で、原因不明の耳鳴りが生じている場合、漢方薬で体質改善を図るのが効果的で、自分に適した漢方薬を服用することにより、少しずつ耳鳴りに悩まされないような状態を維持できます。

 

耳鳴りや難聴には、血府逐オ湯(けっぷちくおとう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)といった漢方薬が良いと言われているものの、素人ではどれを摂取すれば良いのか判断することができません。

 

それに、耳鳴りが発生した原因によって適した漢方薬は異なるので、医師による判断が必要不可欠というわけです。

 

このページでは、耳鳴りの症状別に、どの漢方薬で治療を行えば良いのか説明しておりますが、あくまでも参考程度に考え、その決断に関しては専門医の指示に従うようにしてください。

水分代謝機能の異常による耳鳴り

水分代謝機能の異常によって腸が上手く水分を吸収できなくなり、余計な水分が耳に残ることで、耳鳴りの大きな原因となります。

 

一概には言えないものの、セミの鳴き声のような耳鳴りや、食欲がなかったりめまいが引き起こされるという方は、このタイプに該当するはずです。

 

そこで、体内に余計な温熱がある際に有効な竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)や、頭痛の改善に効き目がある半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)といった漢方薬での治療が適しております。

 

普段の食生活の見直しも忘れてはならない大きなポイントなので、脂っこいものや甘いものをなるべく控えるようにしましょう。

精神的ストレスによる耳鳴り

疲れや睡眠不足によって精神的ストレスが溜まっている方は多く、これが原因で耳鳴りが生じる場合があります。

 

過度の精神的ストレスを感じると、肝の機能に異常が生じるという特徴があるため、釣藤散(ちょうとうさん)や抑肝散(よくかんさん)といった漢方薬が最適です。

 

ストレスによって生じるのは耳鳴りだけではなく、憂鬱感や腸内環境の悪化、そして頭痛や腹痛などが考えられるので、日頃の生活でストレスが溜まらないようにしなければなりません。

腎機能の低下による耳鳴り

腎機能の低下による耳鳴りに悩まされている方は、六味丸(ろくみがん)や耳鳴丸(じめいがん)といった漢方薬での治療が適しております。

 

元々虚弱体質の方や、年齢を重ねている方は、徐々に腎機能が弱まっており、その影響で耳鳴りの症状が悪化しているかもしれないので、漢方薬の力に頼るのは一つの選択肢です。

 

「耳鳴りを薬で対策しよう」に関するページ