耳鳴りと安定剤

耳鳴りと安定剤について

耳鳴りの症状を和らげるため、精神安定剤を服用しているという方は多く、病院を受診するとこの薬が処方される場合があります。

 

実は、この精神安定剤で耳鳴りの症状を和らげているのではなく、神経の興奮を抑えて耳鳴りが聞こえにくくなるようにしているだけなのです。

 

そのため、耳鳴りが酷いからといって、いくら精神安定剤の服用量を増やしても耳鳴りが止むわけではありませんし、ただ頭がボーっとするだけとなってしまいます。

 

現段階では耳鳴りの特効薬は販売されておりませんし、医師としても精神安定剤やビタミン剤、そして耳鳴りで眠れない方には睡眠薬を処方するしか方法がありません。

 

とは言え、精神安定剤を服用すれば、神経の興奮がおさまるので、耳鳴りが引き起こされるという不安を取り除けます。

 

この薬とは別に、耳鳴りの症状を和らげる対処を行い、そのサポート的な役割として服用するのであれば全く問題はないです。

 

病院を訪れると、ロラゼパムやメダゼパム、ジアゼザムといった薬が処方されることが多く、どれも精神を落ち着ける効果が期待できます。

 

しかし、医師の指示に従わずに、漫然と使い続けていると、連用を止められず薬物依存症となる方もいらっしゃるので、少しずつ内服量を減らさなければならないでしょう。

 

精神安定剤には以上のようなリスクがあり、薬がなければ生活できないという状態に陥るかもしれないので、安全性を求めるのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の方が適しております。

 

美聴泉(びちょうせん)は医薬品ではなくサプリであり、特に大きな副作用は報告されていないので、安全に耳鳴りの症状を和らげることができるはずです。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りが気にならないようにするには、精神安定剤を服用するよりも、耳鳴り以外の音に傾けられるような環境が最適です。

 

実際に、病院では別の雑音を聞くことで耳鳴りの音を不快だと感じさせなくする音響療法が採用されており、ピアノが大好きな方はショパンを聞いたり、リズムが一定で流れるバッハなどのバロック音楽を聞くことで、自宅でも治療できます。

 

もちろん、あまりにも大きな音で聞くと、逆に耳にダメージが加わってしまいますが、適度な音量で聞いていれば気分を落ち着けることができるでしょう。

 

耳鳴りを治して快適な生活を得るには、ただ漫然と薬を使っていれば良いというわけではないので、勘違いしないように注意するべきです。

 

「耳鳴りを薬で対策しよう」に関するページ