耳鳴りを薬で治すと悪化する?

耳鳴りを薬で治すと悪化するの?

「耳鳴りを薬を服用して治すと悪化するの?」という疑問を感じている方がいらっしゃいます。

 

耳鳴りの治療薬としては、痙攣を抑制したり、内耳の血流を改善してくれるストミンAや、代謝改善薬などが使用されており、医師の指示に従って服用していれば悪化するというリスクは限りなく低いです。

 

しかし、医薬品には副作用がつきもので、自分勝手な判断で市販薬を使っていたり、専門医が指示する用法や用量をしっかりと守っていないと、思わぬトラブルが引き起こされてしまいます。

 

特に、病院ではステロイドを直接鼓膜に注射する治療が行われており、聴神経の興奮を抑えられるので効果は高いものの、それなりに大きなリスクを背負わなければならないのです。

 

全く耳が聞こえなくなるというように、症状が一気に悪化することはないのですが、施術に失敗すると聴力が回復しなかったり、耳鳴りよって生じる音が増幅するといった事態は生じるかもしれません。

 

そのため、気軽に受けられる施術ではないですし、ステロイド注射で耳鳴りを治すという選択肢を取ったとしても、事前に医師からどのようなリスクが生じるのか、そしてどのように回復できるのか説明を受ける必要があります。

 

もし、症状の悪化が怖いのであれば、美聴泉(びちょうせん)を使って安全に耳鳴りを解消していくのがベストです。

 

医薬品とは大きく異なり、絶対に耳鳴りを治せるわけではありませんし、即効性も期待できないものの、リスクなく体質改善を図れるので、一度美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、基本的に耳鳴りの治療を専門医の指示に従って行っていれば、症状が悪化する事態は防げるはずです。

 

必ずしも耳鼻科を受診しなくても、精神的なストレスで耳鳴りの症状が引き起こされているのならば、心療内科や神経内科で相談するというのも一つの方法だと言えます。

 

耳鳴りや難聴を治すために自分の勝手な判断で薬を服用し、症状が悪化してしまっては全く意味がないので、そのようなリスクを避けるためにも、始めから専門医の診察を受けた方が良いというのはお分かり頂けるでしょう。

 

どうしても自宅で処置を施したいのであれば、サプリメントを利用したり、マッサージやストレッチを行って、耳鳴りの症状を和らげるべきです。

 

「耳鳴りを薬で対策しよう」に関するページ