耳鳴りとガム

耳鳴りとガムについて

即効性のある方法ではありませんが、ガムを噛むことによって耳鳴りを改善できるということをご存知ですか。

 

年配の方はガムを噛んで、「クチャクチャ」と音を立てることに抵抗があるかもしれませんが、口を動かすことによって、耳周辺の筋肉を鍛えることができるので、内耳の血流が改善されます。

 

実際に、中耳炎とメニエール病によって、耳鳴りの症状に悩んでいた方がガムを噛んでから不快な症状がだんだんと和らいでいき、周りの音がしっかりと聞こえるようになったという話があるのです。

 

もちろん、1日や2日ガムを噛み続けたからといって、直ぐに変化が引き起こされるような方法ではないものの、自宅でも外出中でも気軽に試せる方法の一つなので、チャレンジする価値は大いにあるでしょう。

 

以前は、ガムは入れ歯に悪いというイメージがあり、虫歯の大きな天敵だと言われておりましたが、現在では虫歯予防に効き目のあるガムや、歯に付着しにくいガムがコンビニで購入できます。

 

自分の歯がなくなって硬いものを食べられなくなったという高齢者の方でも試せますし、噛む回数が減って顎の筋肉が弱っているという症状も同時に改善できるはずです。

 

このように、ガムを噛むという行為によって、様々なメリットが期待できるので、他の方法と平行して行うことにより、耳鳴りの症状を少しでも緩和できます。

 

それでも、「キンキン」と鳴る耳鳴りは非常に不快で、直ぐに治したいと考えるはずなので、美聴泉(びちょうせん)を併用するのがおすすめです。

 

美聴泉(びちょうせん)はサプリメントの一つとなっており、以前から愛用されているご老人の方は多くいらっしゃるので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、医療が発達した現在でも、耳鳴りや難聴についての解明は十分にされておりませんが、ガムを噛めば中耳から鼻、そして喉を繋いでいる管状器官の機能を高められるので、耳鳴りによって引き起こされている音を改善できます。

 

もちろん、毎日の食事で良く噛み、顎を鍛えるという処置も大事なので、直ぐに食べ物を飲み込むのではなく、しっかりと咀嚼してから身体の中に入れるような意識が大事なのです。

 

それに、良く噛んで食事を行うことにより、「食欲を抑えられる」「体内の脂肪が消費されやすくなる」という効果が期待できるので、ダイエットを試みている女性に適していることがお分かり頂けるでしょう。

 

良く噛めば噛むほどヒスタミンと呼ばれるホルモンが分泌され、満腹中枢を刺激してくれるので、食欲を抑えられるというわけです。

 

同時に消化器官の負担を和らげることもできるので、しっかりと咀嚼してゆっくりと食事をとることを心掛けてください。

 

「耳鳴りを改善しよう」に関するページ