補聴器で耳鳴りを治療

補聴器で耳鳴りを治療しよう

「補聴器で耳鳴りを治療することはできるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

もし、補聴器を必要とするような難聴が引き起こされている場合、その治療として補聴器が使用されることがありますが、ただの耳鳴りで悩まされているという場合は、補聴器を付ける必要はないです。

 

補聴器とは、心地良い聞こえをサポートしてくれる小さな機器のことを指しており、聴力の衰えを改善するために使用されます。

 

「テレビの音が大きいと注意された」「騒がしい場所にいると音が聞こえにくくなる」という症状の方は聴力が衰えている可能性が高いので、病院で診察を受けて補聴器による治療が必要かどうか専門医に判断してもらうのです。

 

耳鳴りが引き起こされていたとしても、必ずしも補聴器を付けるというわけではありません。

 

全ては医師の判断によるもので、補聴器を耳に合わせるのはコンタクトレンズやメガネとは全く別物で、耳鼻咽喉科などにある補聴器外来で調べてもらう必要があります。

 

そのため、自分が耳鳴りを治すために補聴器を付けたいと思っても、その必要がなければ治療として全く意味がないというわけです。

 

もし、手軽に耳鳴りを治療したいと考えているのならば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の利用が適しております。

 

美聴泉(びちょうせん)はサプリメントの一種で、「本当に治るの?」という疑問を抱くかもしれませんが、聞こえのトラブルに効き目のあるナギイカダエキスといった成分が含まれているので、是非試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、一口に補聴器と言っても、小型のトランジスタラジオに酷似している「箱型」や、比較的操作が行いやすい「耳掛け型」、あまり目立たないところが大きな特徴の「耳穴型」というように、様々な種類に分けられます。

 

もちろん、素人では自分にどの補聴器が適しているのか判断できないはずなので、耳鳴りを伴わない難聴の治療は、専門医の診断を経て行われるのです。

 

補聴器で音が聞こえやすくなるのは、周りの音をマイクロフォンが拾い、その音を機械がコントロールして耳に送り込んでくれるからだと説明できます。

 

マイクロフォンが拾った音を直接調整するアナログ式と、変換器を設置するデジタル式の2種類があり、どちらにしても聞こえのトラブルには最適だと言えるでしょう。

 

しかし、上記でも説明致しましたが、耳鳴りの症状を改善するために、必ずしも補聴器が必要となるわけではないので、注意してください。