耳鳴りの治療は何科?

耳鳴りの治療は何科なの?

「耳鳴りを治すために何科で治療を行えば良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

耳鳴りの原因は様々で、脳に何かしらの障害が引き起こされていることで生じている場合があるものの、基本的には耳の機能の異常なので、耳鼻科に行って検査をするのが一番です。

 

もちろん、耳鼻咽喉科でも耳鳴りの症状を診てもらうことは可能で、もし頭痛や視力障害、手足の痺れといった症状がなく、喉の状態が良好でなければ耳鼻咽喉科の方が良いかもしれません。

 

耳鳴り単体で引き起こされるというケースは意外と少なく、多くの場合は他の症状も一緒に生じていることがあるので、色々な症状をチェックしてもらえる耳鼻咽喉科の方が適しているというわけです。

 

何科を受診すれば分からないという方の中には、耳鳴りによって吐き気といった症状を伴うということで、内科を訪ねるという方がいらっしゃいます。

 

この選択が間違っているというわけではないですし、どのような症状なのか診断してくれるはずですが、まずは耳鼻咽喉科で耳に異常がないかどうか確かめるのが先決なのです。

 

一度耳鳴りが引き起こされたからといって、早急に病院へ行かなければならないというわけではないものの、突発性難聴を患っている場合は、時間との勝負になります。

 

この病気は治療が遅れることで、聴力が戻らないという可能性も十分にあるので、急に音が聞こえなくなり、耳鳴りを伴うのであれば、早急に病院へ行きましょう。

 

とは言え、そこまで症状が悪化していないのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を飲めば、症状を和らげることができます。

 

耳鳴りに効き目のあるイチョウ葉エキスといった成分が含まれたサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、最初に耳鼻咽喉科で耳鳴りの症状を診てもらうのがベストですが、頭痛や視力障害、手足の痺れや意識障害といった症状を伴っているのであれば、脳神経外科での診断が必要です。

 

このような症状を伴っている場合、耳鳴りによって脳梗塞や脳出血といった病気を患っている危険性があり、後遺症が残って命に関わることも少なくないため、早急に脳神経外科で対処してもらった方が良いでしょう。

 

「次の休みに病院を訪れよう」とのんきなことを言っている暇はなく、時間が経過すれば意識を失う可能性もあるので、自力で病院に行ける場合は直ぐに診察を受けるべきです。

 

「耳鳴りに関する疑問」に関するページ