耳鳴りに痛みはある?

耳鳴りに痛みはあるの?

基本的に耳鳴りは、頭の中で不快な音が鳴り響くだけの症状で、痛みが引き起こされるということはほとんどないです。

 

高血圧や脳動脈硬化症といった病気で耳鳴りがする場合、他の場所に痛みが生じることはあるものの、「キーン」という高い耳鳴りが鳴ったと同時に痛みが生じるのは稀だと言えます。

 

耳鳴りに関しては、まだ詳しく解明されていない部分があるので、正確なことは言えませんが、痛みがないことの方が多いのです。

 

とは言え、耳鳴りとともに痛みを感じる場合、生理的に引き起こされた現象とは考えにくいので、直ぐに耳鼻科に行って症状を診てもらった方が良いかもしれません。

 

そして、病状を医師に伝える際は、「耳を押した際の痛みなのか?」「聴力の異常を伴っているのか?」「風邪は引いているのか?」というように、どのような状況で痛みを感じるのか詳しく答える必要があります。

 

もし、中耳に炎症が引き起こされているのであれば、中耳炎の可能性が非常に高く、細菌やウイルスに感染したことが原因で、急な耳の痛みに襲われることがあるのです。

 

大人で中耳炎にかかるのは珍しく、ほとんどが子供の病気で、中耳の中に膿が溜まり、その膿が出口を求めて鼓膜を押すことで強い痛みが生じます。

 

発熱を伴い、耳の中から黄色い耳だれが出るようであれば、中耳炎の可能性が非常に高いので、耳鼻科で直ぐに治療を受けるべきです。

 

耳鳴りとともに痛みが生じていないのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を飲用すれば、少しずつ症状を抑えることができます。

 

自宅で気軽に耳鳴りを改善できるサプリメントとなっており、食生活が乱れている方にもおすすめなので、是非摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りとともに耳に痛みが生じ、更に耳が聞こえにくくなっているという場合は、滲出性中耳炎の危険性があります。

 

この病気は通常の中耳炎よりも症状が進行した状態で、軽い難聴を伴うため、早めに処置を施さなければ手遅れになってしまうのです。

 

また、耳管が閉じたままになる耳管狭窄(きょうさく)症も、耳鳴りとともに耳の痛みが引き起こされることが多く、中耳の気圧が外部の気圧よりも低い状態となり、鼓膜が内側に引っ張られることで音の振動が伝わらなくなり、不快な症状が引き起こされます。

 

異常のように、痛みが生じる場合は、生理現象として引き起こされている耳鳴りだとは考えにくいので、自分の判断で対処しないようにしてください。

 

「耳鳴りに関する疑問」に関するページ