耳鳴りはどんな音?

耳鳴りはどんな音なの?

「耳鳴りはどんな音がするの?」という疑問を持っている方は多くいらっしゃるでしょう。

 

個人によって耳鳴りによって引き起こされる音には大きな違いが生じているので、どんな音なのか一概には説明できないものの、音の種類によってある程度症状を把握することができます。

 

最も多いと言われているのが、「キーン」という高い音が頭の中で鳴り響くという症状で、加齢とともに耳の機能が衰えることで生じるようです。

 

この現象は老人性難聴とも言われており、聴力が低下したことによって今までは聞こえなかった周波数の音が、耳鳴りとして聞こえるようになります。

 

このような耳鳴りは仕方のない現象で、高齢者の約3割以上の方が体感しておりますし、聴力の衰えを防ぐ術はないのです。

 

同じような症状として、「ピー」という高い電子音が聞こえることもあり、老人性難聴や突発性難聴、そしてストレスや疲れが溜まったことで引き起こされる耳鳴りに表れやすくなっております。

 

中には、「ボー」という音が聞こえる場合もあり、そこまで不快な音ではないと思うかもしれませんが、回転性のめまいを伴うメニエール病が原因であることが多く、進行すると改善が難しいので、早めに治療するべきです。

 

どんな音が耳鳴りとして響いていたとしても、このサイトでご紹介しているサプリメントを使用すれば、少しずつ症状が緩和されていきます。

 

美聴泉(びちょうせん)は、お手頃な価格で購入できる健康食品なので、耳鳴りで悩まされている方は、今すぐにでも使用してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りは上記で説明したような音だけではなく、「ブーン」という重低音や「カチカチ」という金属音、「ザーザー」というような音、「ブクブク」という痙攣音、「ピロピロピロ・・・」といった異次元音など、様々な症状が報告されております。

 

大まかに耳鳴りによって生じた音により、異常が疑われる場所を予測できるものの、あくまでも予測であり部位を特定することはできないですし、確実に原因を突き止めるのも難しいです。

 

専門医が患者さんの症状をチェックしても、原因が分からないこともあるので、素人が判断できないということはお分かり頂けるでしょう。

 

しかし、病院で自分の耳鳴りの症状を診せる場合、どんな音が引き起こされているのか正確に伝えるのは大事なことです。

 

疑似音で上手く表現できないこともありますが、聴診器を当てても聞こえないことがほとんどなので、できる限り言葉で説明するようにしてください。

 

「耳鳴りに関する疑問」に関するページ