注射で耳鳴りを治療

注射で耳鳴りを治療しよう

耳鳴りは絶対に治るという薬も、不快な音が確実に消えるという方法も存在しませんが、数ある治療法の中で注射を用いた方法が病院では実施されております。

 

薬物療法が耳鳴りの治療の中で効き目があると考えられており、100%治るというわけではないものの、ATP製剤やビタミン剤を注射して治していくのです。

 

また、ステロイドの注射を行う場合もあり、注射器によって直接内耳にステロイドホルモン剤を投与することにより、強力な消炎作用によって耳鳴りの症状を和らげてくれます。

 

原疾患が認められない場合は、経過観察によって症状を見ていくこともあり、原因がはっきりとしないという方も多いため、難治性の耳鳴りを完全に消失するのは難しいというわけです。

 

それでも、耳鳴りの感覚レベルを抑制する方法として注射は適しているので、医師の指示に従って治療を進めていくのは良いかもしれません。

 

しかし、事前に医師から説明を受けるはずですが、ステロイド注射に限っては効果を疑問視する声も上がっております。

 

治療の過程として、注射器を使用して鼓膜にステロイドホルモン剤を5秒から10秒にかけて流し込むのですが、その際に眼振を伴っためまいが発生することがあるのです。

 

局所的な治療なので、ステロイド剤によって大きな副作用が引き起こされる可能性は低いものの、ただ医師の指示に従うだけではなく、自分でもある程度の知識を身に付けておいた方が良いでしょう。

 

薬を使用した薬物療法に不安を持っているのであれば、美聴泉(びちょうせん)を使って耳鳴りを治療していく方法が適しております。

 

美聴泉(びちょうせん)はサプリメントであり、医薬品のような即効性はないものの、少しずつ体質を改善できるはずなので、是非使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、注射による耳鳴りの治療を病院で行う場合、どの薬剤を使用するにしても、1回打って終わりというわけではなく、数回に渡って投与して、耳鳴りの症状を抑えていきます。

 

薬剤の種類や医師の判断にもよって異なるのですが、ステロイド剤を注射で投与する場合は、1回投与した後、1週間〜2週間ごとに3回から4回の注射を繰り返し行っていくのです。

 

ただし、薬による治療は効き目があるものの、他の病気の症状として耳鳴りが引き起こされている場合は、その原因となる病気を治す治療を行っていかなければなりません。

 

どちらにしても、素人では判断ができないはずなので、面倒でも耳鼻科といった病院を受診して、原因を突き止めることが大切です。

 

それに、疲れや不規則な食生活といった生活習慣の乱れによって、耳鳴りが酷くなっていることもあるので、一度自分の生活スタイルをゆっくりと確認してみましょう。