うつが原因の耳鳴り

うつが原因の耳鳴りについて

一度や二度の耳鳴りであれば正常な方でも経験があるはずですが、この症状が長期的に続くと身体に様々な異常が引き起こされるようになります。

 

個人によって耳鳴りが生じる原因は異なっており、実はうつが原因で耳鳴りが引き起こされることがあれば、耳鳴りが原因でうつが引き起こされることもあるのです。

 

うつ病で精神科を受診している患者さんの約3割から4割にかけて、耳鳴りの症状を訴えており、大きな関係性があるということがお分かり頂けるでしょう。

 

うつ病と耳鳴りに直接的な関連性があるというわけではないものの、うつで悩まされている患者さんは首筋が硬直しているという特徴があり、その影響で血行が悪くなって「キーン」という高音の耳鳴りが生じやすくなっております。

 

耳たぶの下に位置している首筋から、耳周辺にかけてはたくさんの血管が通っており、その部位が硬直して流れが悪くなれば十分な栄養素が運ばれなくなるので、耳鳴りが引き起こされやすくなるというわけです。

 

このような耳鳴りを治したいと考えているのであれば、その根本的な原因となっているうつを解決しなければなりません。

 

症状が軽度の場合は早期治療で改善できるのですが、うつ病は進行すると多くの場合で完治に至るまでに長い時間が掛かり、たくさんの方がその症状に苦しんでおります。

 

「憂鬱な気分」「興味や喜びの消失」「食欲の減退」が主なうつ病の症状で、中には自殺願望まで抱いてしまう方がいらっしゃるのです。

 

基本的には投薬治療が中心で、自己治療では思うように改善できないどころか、更に症状が悪化するかもしれないので、専門医と一緒に治していく必要があります。

 

また、絶え間なく繰り返される耳鳴りが原因で、うつ病になったという方も多いのが現状です。

 

「耳鳴りが酷くで物事に集中できない」「睡眠が阻害される」「仕事に大きな支障が出る」「不安な気持ちになる」と感じる方は非常に多く、このような精神的ストレスが溜まることで、うつ病を発症します。

 

そして、耳鳴りに対する捉われによって悪循環が形成され、より一層強く症状が表れて苦痛を感じるという負のスパイラルに陥るケースも決して少なくありません。

 

うつ病を患っている方は、「自分はこうあるべき」「自分は正しい」というように、自分自身を抑鬱状態に追い込んでいることが多く、うつはそこまで頑張る必要はないという身体からのメッセージだと言えます。

 

一度患ってしまうと、中々改善できない難しい病気ですが、耳鳴りが原因ならばそれを治していく必要がありますし、医師の手を借りて地道な努力を行ってみてください。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ