耳鳴りと突発性難聴

耳鳴りと突発性難聴について

突発性難聴と呼ばれる病気は、その名の通り、ある日急に聴力が落ちて、耳が聞こえなくなり、耳鳴りやめまいといった症状も併発します。

 

突発性難聴の特徴として、主に片側のみに症状が生じることと、一度引き起こされると発症と治癒を何度も繰り返さないということで、難病指定にもなっている疾患なのです。

 

医療が発達した現代においても、突発性難聴の原因や病態は不明となっているものの、早期治療と適切な処置を施すことによって、治すことは十分にできます。

 

耳鳴りが引き起こされただけで、この病気を疑う必要は全くありませんが、1日に何回も引き起こされていたり、耳鳴りが頭の中で鳴り響いている時間が長いという症状の方は、十分に注意しなければなりません。

 

確実な原因は不明ですが、ウイルスによる感染や、耳周辺の血行不良が最も有力な原因となっており、血液の流れが悪いと耳鳴りも悪化しやすいため、この症状が強く表れている方は血行循環の不良によるものだと考えられます。

 

そして、耳鳴りやめまいといった不快な症状とともに、「片方の耳が詰まるような感じがする」「電話で相手の声が聞き取れなくなった」というのであれば、突発性難聴を疑うべきです。

 

同じ感音難聴の老人性難聴は、加齢によって少しずつ聴力が落ちていくのが大きな原因で、遺伝傾向が強いものの、突発性難聴はそのような傾向が全くなく急に引き起こされるので、恐ろしい病気の一つだと言えるでしょう。

 

特定の病気による耳鳴りでなければ、このサイトで詳しくご説明している美聴泉(びちょうせん)で、症状の悪化を食い止めることができます。

 

しかし、根本的な原因が影に潜んでいるのであれば、美聴泉(びちょうせん)を使うとともに、耳鼻科を訪れて正しい対処を行ってもらってください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ある瞬間からはっきりとした難聴の症状が引き起こされた段階で、突発性難聴だと診断されます。

 

耳鳴りが止まないというだけで、突発性難聴だと診断された患者さんもいらっしゃるので、特に明確な決まりは定められていないものの、片方の耳だけに障害が生じたらこの病気だと考えるべきです。

 

若い方でもこの病気を発症することがあり、聴力が落ちたということでショックを受けるかもしれませんが、病院でステロイドホルモンによる薬物治療や、聴力検査を行うことによって完治は可能となっております。

 

入院も必要ないので気軽に治療を受けられるものの、突発性難聴は治療期間が限られており、耳が聞こえなくなってから48時間以内、そして遅くとも7日以内に治療を開始すれば、聴力を回復させられるでしょう。

 

個人差がありますが、突発性難聴を発症して1ヶ月程度の適切な治療を受ければ、元の状態まで戻る確率はアップします。

 

とは言え、この病気は予防ケアが非常に大事で、ストレスを溜め込まないように心身性疲労回復を行うとともに、十分な睡眠や食生活の改善、運動不足の解消といったように、規則正しい生活を送らなければなりません。

 

耳の能力は人間が持つ五感の中でも重要なので、少しの耳鳴りが生じた時点で、不安な方は病院へ行くのも一つの選択肢です。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ