耳鳴りと更年期障害

耳鳴りと更年期障害について

飛行機に乗った時や、トンネルの中に入った時に耳が詰まった感じとなり、耳鳴りが引きこされることがあります。

 

誰でも一度は経験があるはずですが、このような生理的な症状ではなく、更年期障害によって慢性的な耳鳴りが生じることがあるのです。

 

更年期障害は簡単に説明すると、ホルモンバランスの乱れによる身体的不調や精神的不調のことを指しており、「イライラする」「不安で眠れない」「めまいや肩こりが酷い」というように、個人によって様々な症状が引き起こされます。

 

その一つとして耳鳴りが挙げられ、40代から50代にかけての女性が更年期障害に悩まされやすく、更年期を過ぎれば次第に症状も治まるはずなので、耳鳴りも気にならなくなるでしょう。

 

しかし、更年期障害によって日常生活に大きな支障が出るほど体調を崩す方もおり、耳鳴りによるストレスと合わさって、動悸やほてり、頭痛や肩こりの症状が悪化するというわけです。

 

過度のストレスだけではなく、睡眠不足や過度のダイエットなど、ホルモンバランスの乱れる原因はたくさんあり、更年期は徐々に女性ホルモンの分泌がなくなる時期なので、その影響で身体が混乱してしまいます。

 

これは身体の自然な現象なので、更年期障害を確実に防ぐという方法はないものの、不規則な生活が耳鳴りといった症状を悪化させていることが多いので、十分に注意しなければなりません。

 

更年期障害によって引き起こされた耳鳴りは、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で改善することができます。

 

サプリメントで身体の健康状態を整え、体質改善を図ることで不快な症状を和らげられるはずなので、是非美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、更年期障害による耳鳴りの症状で悩まされているのであれば、婦人科でホルモン補充療法を行うのが適しております。

 

閉経を挟んだ前後10年くらいは徐々に卵巣の機能が衰え、その影響で女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が急激に減るため、人工的にホルモンを補う治療が更年期障害に適しているというわけです。

 

ホルモンを補充する方法の一つが、経口避妊薬としても使われている低用量ピルの使用で、自分に合った治療を行っていくことにより、症状の緩和に成功するのではないでしょうか。

 

しかし、事前に医師から説明を受けるはずですが、ホルモン補充療法によって、耳鳴りやめまいといった症状が逆に悪化するかもしれないので、リスクが生じるということを頭に入れておく必要があります。

 

場合によっては、更年期障害の治療に漢方薬が使われることもあり、どちらにしても医師の指示に従って症状を和らげられるように励んでみてください。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ