肩こりが原因の耳鳴り

肩こりが原因の耳鳴りについて

耳鼻科の医師は内耳や中耳といった部分のことしか分からないので、耳鳴りが引き起こされている原因が肩こりだと気が付かない場合があります。

 

耳鳴りは、実際には周りで音が発生していないのにも関わらず、何かが聞こえるような症状を指しており、本人にしか聞こえない場合を自覚的耳鳴りと呼ぶのです。

 

実は、この自覚的耳鳴りの原因は肩こりなのではないかと考えられており、全身のバランスが崩れたことによって引き起こされることがあります。

 

もちろん、肩こりに限った話ではありませんが、顎の違和感や背中の歪みといった筋骨格は全身を示しており、その部分の血行不良によって緊張状態に陥っていると、耳鳴りが発生する大きなキッカケとなるわけです。

 

血液の流れが悪いと、耳鳴りだけではなく、めまいや頭痛を併発することが多く、「血液がドロドロになっている」「運動不足が続いている」「長い間同じ体勢で過ごしている」といった原因が考えられるでしょう。

 

他にも、眼精疲労やストレスによって、肩こりの症状が悪化しやすいという特徴があり、耳鳴りを引き起こす大きな原因となるため、日常生活に運動やマッサージ、ストレッチなどを取り入れるべきです。

 

運動やストレッチを続けることで、全身の血流が良くなり、日頃から肩こりに悩まされにくい身体を維持することができます。

 

ただし、マッサージは長期的な目線で見ると、逆に血流が悪くなって硬くなるという特徴があるので、あまり行わない方が良いかもしれません。

 

肩こりが原因で引き起こされた耳鳴りでも、美聴泉(びちょうせん)を使えば少しずつ改善できるはずです。

 

とは言え、根本的な原因を取り除かなければならないので、美聴泉(びちょうせん)を使うとともに、肩こりを改善して快適な生活を送れるように心掛けてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、肩こりが原因で耳鳴りが酷くなっているのであれば、肩こりを引き起こす身体の歪みを上記で説明した方法で整え、肩こりの症状が和らいでいけば自然と耳鳴りも気にならなくなります。

 

症状が慢性化している場合、解しても解しても改善されない可能性は十分にあるものの、耳鳴りが生じている原因を少しずつ取り除いていくことが、解決への近道というわけです。

 

もし、血行を良くしたり身体を温めたりして肩こりを改善しても、耳鳴りが止まないという場合は、他の病気を患っている可能性が高いため、早めに専門医に相談した方が良いでしょう。

 

他のページでも詳しく説明致しましたが、耳鳴りが脳梗塞といった大きな病気のサインとなっている場合があるので自分の身体に引き起こされている疾患を早く見つけるためにも、専門医の診察は必要不可欠というわけです。

 

もちろん、自宅でストレスを解消しようと試みたり、お風呂上がりにツボ治療を行ったりと、耳鳴りや頭痛を改善する努力を行ってみてください。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ