耳鳴りと自律神経失調症

耳鳴りと自律神経失調症について

身体の一部が痛くなったり具合が悪くなったりというように、肉体的なトラブルや精神的なトラブルが引き起こされる自律神経失調症は、耳鳴りの症状を伴う場合があります。

 

始めは何となく耳に違和感が残るという症状の方でも、だんだんとはっきりと耳鳴りの音が聞こえるようになったり、耳の中が詰まったような感じになってしまうのです。

 

私たちの身体の中には、活動している状態で優位になる交感神経と、寝ている時などに優位となる副交感神経と呼ばれる2つの自律神経が存在します。

 

これらの自律神経が上手く関連して、私たちの無意識のうちに調整してくれているので、特に何もしなくても正常な状態を保てているというわけです。

 

しかし、自律神経失調症の方は、この調整の機能が上手く働かなくなっており、その影響で耳鳴りだけではなく、めまいや下痢、頭痛やパニックなど様々な不快な症状が引き起こされます。

 

特に、活動の神経である交感神経には、血管を収縮させる作用があり、これが強く働き過ぎることによって耳の内部に血液が流れにくくなり、耳鳴りが生じるようになるのです。

 

血液の流れがスムーズに行われなくなると、酸素や栄養素がきちんと運ばれなくなるので、様々な場所に悪影響が生じるということはお分かり頂けるでしょう。

 

それに、自律神経失調症になると身体の免疫力も低下するという特徴があり、内耳や中耳に細菌が感染して耳鳴りや炎症が酷くなることもあるので、十分に注意しなければならない病気だと言えます。

 

このサイトでは、耳鳴り治療や耳鳴り予防に適した美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、多くの方が毎日の生活の中に取り入れている人気グッズです。

 

もちろん、自律神経失調症が原因ならば、この症状を治すような対策を行わなければならないものの、そのサポート的な役割として美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、自律神経失調症の原因は、「過度のストレス」「生活リズムの崩れ」「環境の変化」「女性ホルモンのバランス崩れ」など様々な要素があります。

 

どのような原因で自律神経失調症が引き起こされたとしても、心と身体の両方のケアが必要で、ただ医師に任せていれば良いというわけではありません。

 

耳鳴りやめまいといった不快な症状が引き起こされないためには、今までの生活スタイルを振り返らなければならないので、自律神経失調症の治療は長期戦になると覚悟しておくべきです。

 

とは言え、自律神経失調症は正式な病名というわけではなく、自覚症状があるのにも関わらず異常が見られない時は、安易に自律神経失調症だと診断されることもあります。

 

どちらにしても、交感神経の働きが強くなりすぎて、副交感神経の働きが弱まり、細菌やウイルスに対する抵抗力が落ちている状態なので、十分に注意して毎日の生活を送るようにしましょう。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ