耳鳴りと動脈硬化

耳鳴りと動脈硬化について

耳鳴りは動脈硬化が原因となっているケースもあり、きちんと治療を行わないで放置していると、命の危険に晒されることもあるので注意が必要です。

 

動脈硬化とは、動脈にコレステロールなどが溜まり、硬くなって弾力性や柔軟性を失って、血液がスムーズに流れなくなった状態を指しております。

 

このような状態を維持していると、血管の内腔が狭くなって血管雑音が生じ、その音が耳鳴りとして聞こえるようになるという仕組みです。

 

もちろん、動脈硬化が引き起こされると、必ずしも耳鳴りの症状が表れるというわけではありませんし、医療機関で調べても原因がイマイチ分からないことはあります。

 

しかし、動脈硬化といった大きな病気を見つけるためにも、耳鳴りの症状が続くようであれば、早めに病院を受診した方が良いですし、最近では緩和治療の研究も進められており、耳鳴り改善のヒントを得られるでしょう。

 

動脈硬化によって耳鳴りが引き起こされる仕組みは、完全には解明されていないものの、自分だけではなく他人にもその音が聞こえる他覚的耳鳴りが生じるという特徴があります。

 

動脈硬化だけであれば、そこまで大きな症状ではないのですが、進行すると脳梗塞や心筋梗塞といったように、日本人の死因の大きな原因である病気に発展するかもしれないので気を付けなければならないのです。

 

ただの耳鳴りであれば、サプリメントの美聴泉(びちょうせん)で症状を和らげることができます。

 

しかし、美聴泉(びちょうせん)で動脈硬化の症状まで和らげられるというわけではないので、専門医の指示を受けるとともに、自宅で予防ケアを行うようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、動脈硬化で耳鳴りが引き起こされ、ストレスが溜まって更に症状が悪化する方もいらっしゃるので、毎日の生活で動脈硬化の予防をしなければなりません。

 

動脈硬化の予防としては食生活の改善が最も大事で、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が配合されている青背魚の摂取が効果的となっております。

 

これらの成分には、体内で様々な悪影響を及ぼす悪玉コレステロールを減らし、高血圧を改善する効果も期待できるのです。

 

もちろん、ビタミンやミネラルといった栄養分もバランス良く摂取しなければならないので、肉類に偏った食事ではなく、緑黄色野菜や果物も取り入れる必要があります。

 

また、動脈硬化の予防には、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が適しており、血管が広がって血液の流れが少しずつスムーズになっていくはずです。

 

日常生活を注意して過ごすのは決して簡単なことではないものの、動脈硬化は危険な病気の一つですし、耳鳴りを防ぐためにも努力を怠らないようにしてください。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ