耳鳴りと顎関節症

耳鳴りと顎関節症について

食事をする際に、口の中で食べ物を噛む時、どちらか片方の顎しか使わなかったり、直ぐに飲み込んでしまうという方は、顎関節にだんだんと歪みが生じ、顎関節症が引き起こされます。

 

顎関節症になると、他の骨にもその歪みが伝わるようになり、耳鳴りやめまいの大きな原因となってしまうのです。

 

耳鳴りだけでしたらそこまで大きな症状とは言えないものの、顎関節の周りの筋肉から悪影響が内耳や中耳にも行き渡り、難聴といった症状が表れるようになります。

 

これは、顎関節症によって口の開閉が行いにくくなり、周りの筋肉によって排出されずはずだった老廃物が体内に積み重なり、内耳の神経に支障を来たすのが大きな原因です。

 

内耳と中耳がある場所を側頭骨と呼び、この部分と顎の骨との関節が顎関節なので、顎関節症によって耳鳴りといった耳の不具合が生じるということはお分かり頂けるでしょう。

 

個人によって症状は異なるので、一概に説明できないものの、「顎が痛い」「口を大きく開けることができない」「食事をする際に口を開けるとグチっという音がする」という症状の方は注意が必要です。

 

このような症状とともに、外界に「キーン」や「ゴーン」という音の発生源がないのにも関わらず、頭の中で響いている耳鳴りに悩まされている方は、顎関節症を疑った方が良いと言えます。

 

耳鳴りだけの症状であれば、早めにこのサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使えば、少しずつ症状が改善されていくはずです。

 

しかし、耳鳴りが治ったとしても、顎関節症が引き起こされていては、日常生活に大きな支障が出るかもしれないので、美聴泉(びちょうせん)を使うとともに、病院を訪れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、顎関節の影響が中耳や内耳に伝わり、引き起こされる症状は耳鳴りだけではなく、めまいも挙げられます。

 

女性に多いと言われているめまいが引き起こされる理由は、耳の中に音を感じる蝸牛(かぎゅう)や平衡感覚を司っている三半規管といった器官が存在するからです。

 

自分が顎関節症だと気が付くまでにかなり長い時間が掛かるかもしれないので、「顎が左右どちらかに傾いていないか」「口をスムーズに開閉できるか」「顎の周りの筋肉が異様な張り方をしていないか」といったことをチェックしましょう。

 

そして、少しでも変だなと感じた場合、顎関節症の症状が徐々に進行している可能性が高いので、病院で治療を行わなければならないというわけです。

 

顎関節症の治療は、筋肉の緊張を和らげるために筋マッサージを行ったり、痛み止めの非ステロイド系抗炎症薬や筋緊張を和らげる中枢性筋弛緩薬を使った薬物治療が一般的となっております。

 

他にも、 顎関節症を治療する専用のマウスピースが使用される場合があり、医師の指示に従って自分に適した治療を行うことにより、少しずつ矯正されていくはずです。

 

耳鳴りの症状を少しでも早く和らげるためにも、病院へ行って正しい指導を受けてみてください。

 

「耳鳴りと病気」に関するページ