耳鳴りを心療内科で

耳鳴りを心療内科で治そう

耳鳴りは必ずしも耳鼻科に行けば良いというわけではなく、心療内科でも治療が行われております。

 

実際に耳鼻科で通院しても耳鳴りが引き起こされた原因が分からず、心療内科への通院を開始したという患者さんはいらっしゃるのです。

 

主に、心療内科では薬物治療と心理療法によって、心の重荷を取り除いていき、カウンセラーと一緒に引き起こされている問題を解決していきます。

 

異常が見られる耳鳴りはメニエール病や突発性難聴といった病気によって生じていることが多いものの、精神的なストレスが加わったことが原因で生じていることも決して少なくありません。

 

ある程度のストレスを感じるのは人間である以上、仕方がありませんが、適度に発散できていないと身体がだんだんと悲鳴を上げ、血液の流れや体液の流れが滞ってしまいます。

 

このような状態を放置していると、耳鳴りが引き起こされるだけではなく、頭が重くなったり、目が疲れやすいというように、身体に様々な異常が引き起こされるはずです。

 

自分でストレスを発散しようと思っても、ストレスを感じている原因が分からず、何も変化が引き起こされないということもあるため、心療内科を受診して専門医のカウンセリングを受けた方が良いということがお分かり頂けるでしょう。

 

心療内科で心の不安や悩みなどを打ち明け、気分がリフレッシュしたら耳鳴りがおさまったという方は多くいらっしゃいます。

 

心療内科を受診するのは少々抵抗があるかもしれませんが、最近のクリニックは落ち着いた雰囲気となっておりますし、受診してみれば安心できることがお分かり頂けるはずです。

 

信頼できるクリニックであれば、経験のある医師や臨床心理士によって、自分では気が付きにくいストレスの原因を究明したり、今後の生活のアドバイスなどをしてくれます。

 

また、うつ症状が見られる場合は、メイラックスやスルピリドといった薬が処方されることがあり、耳鳴りを解消できるのか分からないものの、医師が指示するのであればそれに従った方が良いかもしれません。

 

以上のように、耳鼻科だけではなく、心療内科でも耳鳴りを改善するための治療を行えることがお分かり頂けたはずです。

 

他にも、「朝起きても調子が出ない」といったうつ状態や、「心臓がドキドキして苦しい」というパニック障害、「ダイエットが上手くいかない」ことによる摂食障害などの症状も心療内科では取り扱っているので、このような症状を治していきましょう。

 

「耳鳴りを病院で対策しよう」に関するページ