「キーン」という耳鳴りの原因・治療方法

「キーン」という耳鳴りの原因について

耳鳴り

耳鳴りとは、周囲に音がないのにも関わらず、「キーン」「ジー」「ボー」といった音が聞こえてしまう現象のことを指しており、どちらかの耳で聞こえる方も、頭の中で聞こえるという方もいらっしゃいます。

 

どのような音だとしても、「キーン」といった金属音のような耳鳴りは不快で、様々な原因が考えられるのです。

 

ただの耳鳴りと甘く見ている方はいらっしゃいますが、何か大きな病気が原因となって引き起こされている可能性があるので、十分に注意しなければなりません。

 

「以前は耳を済まさなくても聞き取れた音が遠くなった」「1日に何度も聞き返すことが増えた」という方は、耳鳴りが生じているかもしれないので、要注意です。

 

そこで、このページでは、どのような原因で「キーン」といった耳鳴りが引き起こされるのか説明しているので、自分の耳が少しでも怪しいと思った方は良くチェックしてみてください。

加齢が原因で耳鳴りが引き起こされる

聴覚というものは、未だに解明されていない謎の多い分野なのですが、耳鳴りが引き起こされる大きな原因として、加齢が挙げられます。

 

「キーン」という高い音の耳鳴りは加齢によって耳の機能が衰えることによって生じることが多く、聴力が低下して今までは聞こえなかった周波数の音が原因で、引き起こされるという特徴があるのです。

 

「自分は若いから大丈夫」と感じている方はいらっしゃるはずですが、耳の老化は高齢者だけではなく、若い方にも当てはまります。

 

実際に、10代の子供が聞こえるような高い音域は、20代30代と年齢を重ねていくうちに聞こえなくなるので、耳の老化は早い段階から始まっているということがお分かり頂けるでしょう。

 

加齢だけが耳鳴りの原因ではないものの、高齢者の方は特に耳の機能が弱まっている可能性が高いので、病院でしっかりと検査を受けるべきです。

ストレスが原因で耳鳴りが引き起こされる

神経的な負荷やストレス、そして自律神経失調症といった病気が原因で、耳鳴りは引き起こされます。

 

疲れやストレスが原因だと聞いて、自分が当てはまると感じた方はいらっしゃるはずですが、お仕事やプライベートでストレスが溜まっていると、自然と「キーン」という耳鳴りに悩まされるようになるのです。

 

自分ではストレスを全く感じていないと思っていても、知らず知らずのうちに溜まっており、それを日常生活で上手く発散できていないという方が、耳鳴りに悩まされやすいと説明できます。

 

それに、「耳鳴りが酷くて毎日が苦しい」「病院を受診したのに治せないと言われた」ということでストレスが溜まり、更に耳鳴りの症状が悪化しているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

もし、ストレスが原因ならば、軽い運動を続けてみたり、休日は自分の趣味に費やしたりと、日頃からリフレッシュを心掛けるべきです。

病気が原因で耳鳴りが引き起こされる

これが一番怖いパターンだと言えますが、何かしらの病気が原因で耳鳴りが引き起こされる可能性があります。

 

幼児や学童期では、中耳に炎症が生じる中耳炎、そして大人の場合は激しいめまいが生じるメニエール病が原因で、耳鳴りが酷くなるのです。

 

一概には説明できないものの、このような耳鳴りに悩まされている方は、「キーン」という高い音ではなく、「ボー」という低い重低音のような耳鳴りが生じるという特徴があります。

 

また、低い音域が聞こえにくくなる低音難聴の前兆や、騒音に晒されることで進行する騒音性難聴によって、耳鳴りが引き起こされる可能性があるので、不安な方は病院に行って症状を診てもらうべきです。

 

「キーン」という耳鳴りの治療方法について

誰でも「キーン」「ジー」といった耳鳴りは苦しいもので、早く改善したいと考えるはずです。

 

そこで、ここでは効果的な耳鳴りの治療方法について詳しく説明しているので、自分の耳に不快な症状が引き起こされたという方は、是非参照してみてください。

美聴泉(びちょうせん)で治療しよう

美聴泉(びちょうせん)

耳鳴りやめまいといった症状で悩まされている方は、美聴泉(びちょうせん)で治療を行うべきです。

 

これは、錠剤タイプのサプリメントを利用した治療方法で、聞こえのトラブルに効き目のあるナギイカダエキスや、高齢者の健康維持に欠かせないビンカマイナー、そして健康と深い関わりを持っているイチョウ葉エキスが含まれております。

 

以上の天然成分をサプリメントで摂取していくことにより、身体の内側から健康を手に入れて、耳鳴りを治療できるというわけです。

 

健康食品なので、美聴泉(びちょうせん)を飲んで1日や2日で耳鳴りが治るというわけではないものの、ゆっくりと時間を掛けて体質改善を図っていれば、快適な日常生活を送れるようになるでしょう。

 

「酷くなった雑音が聞こえなくなった」「テレビの音が綺麗に聞こえるようになった」という高い評価を得ている製品なので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみるべきです。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

音響療法で治療しよう

耳鳴りの症状は個人によって異なりますが、静かなところでは大きく聞こえ、騒がしいところでは急に消えるというのが一般的です。

 

そこで、周りの音によって聞こえる鳴り方が変化するという現象を利用した耳鳴りの治療方法が、音響療法と呼ばれるもので、簡単に説明すると耳鳴りに別の音を被せていきます。

 

この治療方法はマスカー療法とも呼ばれており、大きな音を聞き続けるのは逆効果なのですが、静か過ぎる場所にいるのも耳鳴りを発症している方にとって良くありません。

 

日本ではあまり普及されていない治療方法ですが、非常に高い効果があるという話で、波の音や森の小鳥のBGMを聞いたり、穏やかな音楽を寝る前に流すのが効果的です。

 

耳鳴りの治療を専門的に行っている病院では、サンプリングしたノイズを提供してくれるかもしれないので、受診する価値は大いにあります。

血行を良くして治療しよう

これは治療というよりも予防と言った方が良いかもしれませんが、耳に流れる血液の流れが悪化することで耳鳴りが生じるので、血行を良くすることをおすすめします。

 

肩こりや眼精疲労などによって全身の血行が悪くなっていると、脳の感覚処理が過敏となって、耳鳴りを感じやすくなってしまうのです。

 

そのため、入浴の際に耳の後ろをタオルで温めたり、無理のない運動を行ったりして、血行の改善を図るのが良いでしょう。

 

頭に血液を送るための動脈は、私たちの耳の後ろを流れているという特徴があるため、耳の後ろを温めるという行為は非常に効果的です。

心理療法で治療しよう

耳鳴りは精神的な疾患が原因で引き起こされているという方が多いので、心理療法で治すのは効果の高い方法の一つとなっております。

 

心療内科では心理カウンセリングが行われており、これだけで耳鳴りを完治させられるわけではないものの、他の治療方法と平行して改善していくのです。

 

病院を受診すれば個人の症状に合わせて適切な治療を提供してくれますし、かかりつけの医師に悩みや相談を打ち明けるだけでも、効果が得られる場合は少なからずあります。

 

中には、病院に通院する時間がないという方がいらっしゃるかもしれませんが、専門医の判断で心理療法や薬物療法を行えば間違いはないですし、別の病気が発覚するかもしれません。

 

一つの病院を受診して、自分に合わないなと感じたら、耳鳴りの症状を早めに和らげるためにも、他の病院を探すべきです。